北海道温泉 道北・道東

ぐるっとにっぽん温泉めぐり

北海道地方の温泉
道北・道東

TOPページ >> 温泉情報TOP  >> 北海道地方の温泉1(道北・道南)

地図の表示は
温泉情報TOPページで

北海道地方の温泉 1
(49温泉)

道北  道東  道央  道南
温泉地 ひとくちメモ 観光スポット&名産
道   北   の   温   泉
1
稚内温泉
 日本最北端の温泉。船の形をイメージした大きな共同浴場の健康増進センター「童夢」がある。道北最大級の広さを誇る大浴場は、寝湯、うたせ湯、薬湯、など10種類の浴槽がある。浴室からの利尻、礼文の眺望は抜群。湯は強めの塩味とかすかな原油臭を伴い淡黄色で僅かに濁っている。
源泉はきわめて濃く、水で5倍に薄めている。
市内には稚内港が一望できる日帰り温泉施設「港のゆ」もある。
利尻・礼文両島へのフェリーは稚内港から出ている。

 泉質:ナトリウム-塩化物泉・炭酸水素塩泉(弱アルカリ高張性温泉)
 効能:リウマチ・湿疹・火傷 神経痛、筋肉痛、

・利尻礼文島観光
新鮮な海の幸
2
利尻冨士温泉
利尻島で唯一の温泉。1998年にできた保養施設で、露天風呂からは利尻富士が望める。夏は海水浴やキャンプ、観光客で賑わう。利尻富士、姫沼やオタトマリ沼など、原生林に囲まれた湖沼めぐりが楽しめる。
名物は利尻昆布とウニやあわび。


泉質;炭酸水素塩泉
効能:火傷・切り傷・皮膚病・糖尿病・痛風・胆石症など

新鮮な海の幸
・利尻礼文島観光
3
豊富温泉
大正時代、石油の試掘の時に天然ガスと一緒に温泉が出たのが始まりで北海道の温泉としては歴史が古い。周囲は酪農地帯である。

古くから火傷に効くとされてきたが、近年では乾癬やアトピー性皮膚炎などの皮膚病に効果があることが有名となり、全国から患者が湯治に訪れている。

源泉は油の混ざった茶色く濁った湯で「油風呂」とも呼ばれることもある特徴的な湯で、湯上りに下着を汚してしまうほどである。
いくつかの宿泊施設ではあえてろ過や加水を行っているところがある。
町営の保養宿泊所
「湯快宿(ゆかいじゅく)」には源泉をそのまま使用した湯治用の浴場もあり、自炊をしながら長期滞在の湯治ができる。

豊富温泉の濃縮水の販売もされている。
温泉街には10軒ほどの宿泊施設や商店があり、またスキー場や町営の日帰り入浴施設などのレジャー施設も備えられている。

泉質:ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性高張性低温泉)  源泉温度32.8度・黄褐色・油臭あり
効能:慢性皮膚病・神経痛・筋肉痛・関節痛

サロベツ原生花園

・大規模草地放牧場
・トナカイ牧場など
4
五味温泉
明治38年五味勘三郎によって発見された温泉で、疾病や傷病に効き目があるとのことで多くの人に利用されてきた。
鉄とラムネの味がする温泉。

泉質:含二酸化炭素-ナトリウム・マグネシウムカルシウム-炭酸水素塩泉
効能:白ろう病・貧血症神経痛、筋肉痛、きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性消化器病、
飲用:慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病、慢性便秘

                                                  ▲道北のTOPへ
・ミニ万里の長城
・ビオト−ブ森林散策


・アイスキャンドル
 ミュージアム

5
層雲峡温泉
幕末期に幕府の役人によって発見された後、大正時代には、数軒の温泉宿が営業していた。
1950年代に入ってからは道北最大の温泉郷として、またスキーリゾートとしても
繁栄してきた。
層雲峡の渓谷の底に13軒のホテル・旅館、温泉公衆浴場 「黒岳の湯」ある。
温泉街の中に環境省の 「層雲峡ビジターセンター」 がある。
温泉街の中心部はカナダの山岳リゾートを模した「キャニオンモール」として整備され、他の温泉街とは一味違った欧米風な雰囲気をもっている
毎年冬には「層雲峡氷爆まつり」が開催され、多くの観光客で賑わっている。

泉質:単純温泉・単純硫化水素泉
効能:貧血症・リュウマチ
断崖絶壁の渓谷美、
     大函・小函
・流星の滝
・銀河の滝

・大雪山黒岳スキー場
・大雪山層雲峡ロープウェイ

6
旭岳温泉
大雪山の主峰旭岳の中腹、標高1050mに湧いている温泉。大雪山系をはさんだ反対側にある層雲峡温泉とは異なり、歓楽色もなく静かな温泉地である。
ホテル・民宿・ユースホステルなどがロープウェー駅への道に沿って十軒前後建っている。高山植物の開花のシーズンと紅葉のシーズンは観光客と登山客で賑わう。
旭岳温泉からロープウェイで姿見の池に行ける。
旭岳スキー場は、日本で最も遅くまで滑降できるスキー場として有名。

泉質:カルシウム・マグネシウム・ナトリウム─硫酸塩・塩化物泉
効能:神経痛・痔疾・皮膚病
・高山植物
・紅葉

・スキー
・登山


旭岳見どころガイド
7
天人峡温泉
明治33年に発見者された温泉で、発見当初は柱状節理にへばりつくように露天風呂があり、小さな橋で川を渡って宿から通っていたという。現在2軒の温泉施設がある。

紅葉の時期は絶壁の岩肌と紅葉のコントラストはとても美しい。
温泉街の近くには、日本の滝百選にも選ばれた落差270mの羽衣の滝や
「東洋のナイアガラ」 と呼ばれる敷島の滝がある。大雪山系の登山口ともなっている。

泉質:硫酸塩泉
効能:神経痛・創傷

・羽衣の滝
・敷島の滝
8
大雪高原温泉
標高1240m、北海道一高い場所にある温泉。
一軒宿の「大雪高原山荘」があるが、10月中旬から5月下旬までは休業している。
高原沼めぐりや大雪山登山基地の起点となっており、紅葉のシーズンは車両規制がなされるほど大変混雑する。
大小の沼が点在しており、これらの沼を約3時間で一周する約7kmの木道の遊歩道が整備されている。この一帯はヒグマの生息地帯でもあるため、遊歩道への立ち入りは、コースの起点・終点となっているヒグマ情報センター入山届が必要

泉質:酸性硫化水素泉
効能:高血圧
・沼めぐり
・高山植物
9
白金温泉
1950年湧出の、市街を見下ろす十勝岳の登山口に湧く温泉。
神経痛に効能が高く、「杖忘れの湯」といわれる。
最近ではやせる湯として女性から注目を集めている
6軒の旅館、日帰り入浴施設、「国民保養センター」がある。
ラベンダーの咲き誇るワインの町上富良野や、旭川も近い。

泉質:ナトリウム・カルシウム・マグネシウム塩化物泉
効能:創傷・リウマチ 神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、
    くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、動脈硬化症
・旭川の観光案内

・十勝岳登山
・白金模範牧場
・白金野鳥の森
・スキー
・上富良野
10
十勝岳温泉
標高1,290m、十勝岳の中腹にある温泉。
1963年旅館 「凌雲閣」 が山小屋として営業を始めたのが始まりである。
現在は6軒の旅館などがある。登山基地として利用する人も多い。
雄大なパノラマが楽しめる野趣満点の露天風呂がすばらしい。

泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉など
効能:神経痛・リウマチ神経痛、関節痛、冷え性など

                                                  ▲道北のTOPへ

                              
・十勝岳登山
スキー場
・キャンプ場
道   東   の   温   泉
11
網走湖畔温泉
網走湖の東岸、山の中腹にある温泉で湖を一望できる所に旅館やしゃれたホテルなど7軒ある。近くには「博物館網走監獄」や、「オホーツク流氷館」があり、春から秋にかけては湖畔でキャンプ、近くの原生花園で散策を楽しめる。
冬には温泉の背後のスキー場でスキーを楽しんだり
「流氷観光砕氷船オーロラ号」乗って、オホーツク海を白く覆い尽くす流氷を観るのもオススメ。
なお、隣の紋別市でも
流氷砕氷船「ガリンコ号U」 を運航している。

泉質:ナトリウム塩化物泉
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・動脈硬化症・運動機能障害・疲労回復・冷え性・リウマチ・婦人病・更年期・五十肩・腰痛・運動麻痺・打ち身・くじき・皮膚病
博物館網走監獄

オホーツク流氷館

小清水原生花園
        
温根湯
温泉郷

(おんねゆ)
北海道が蝦夷地(えぞち)と呼ばれていた時代から、アイヌ人が温泉を利用していたが、明治になって、本州方面からの入植者たちによって温泉旅館が作られた。湯は硫黄泉で「美肌の湯」と呼ばれている。層雲峡−網走−知床−阿寒国立公園を結ぶ道東観光のゴールデンルート上にあり、本州方面からの観光客も数多い。5月には北海道の天然記念物エゾムラサキツツジが咲き誇るおんねゆ温泉つつじ祭り、8月にはおんねゆ温泉祭り・花火大会が行われ、多くの観光客で賑わう。

おんねゆ温泉郷マップ


日本で唯一北きつねの放し飼い牧場
北きつね牧場



・北海道きつね村
12.北見温泉(ポン湯温泉)
温根湯温泉郷の中で一番東にあり、2軒の宿がある。
13.温根湯温泉
無加川の清流沿いに大型温泉ホテルや中小規模の宿が立ち並び、共同浴場、バスターミナルの近くには足湯もある。

泉質:単純硫黄泉
効能:皮膚病・神経痛
14.滝の湯温泉
温根湯温泉から西へ約8kmほどはなれた場所にある温泉。2軒の旅館と町営の滝の湯センターがある。センターの大浴場は24時間入浴可能で、つるつるすべすべのめずらしい泉質をしている。

泉質:単純硫黄泉
効能:高血圧
15
カムイワッカ川にある多段滝壺の野湯
知床半島にある、滝自体が温泉という、野趣溢れる豪快な天然の露天風呂となっている野湯である。多段式の滝壺毎がそれぞれ天然の湯船であり、かつてはどの滝壺にも入浴できた。知床が世界遺産に登録されたことにより観光客が激増し転落や落石の危険が増したため、最初に現われる通称「一ノ滝」より上流への立入が禁止された。アクセスも夏季のみのシャトルバスである。湯は強酸泉。最下段の滝つぼの為、かなりぬるくなっている。 知床半島観光案内


羅臼岳登山



・オシンコシンの滝



・知床五湖遊覧
16
岩尾別温泉
知床半島の羅臼岳のウトロ側登山の入り口、樹海の中の秘湯。古くからアイヌの人々には知られていた。昭和のはじめに羅臼岳の登山客を受け入れる木下小屋が開業、1963年にホテル「地の涯」が開業した。ホテル前の駐車場の近くには、無料で利用できる混浴露天風呂もある。木下小屋は素泊まりのみである。冬期間は2軒とも閉鎖される。

泉質:食塩泉
効能:神経痛・リウマチ
17
ウトロ温泉

別名:知床温泉
知床半島のオホーツク海側に面して6軒のホテル、民宿などの中小規模の宿泊施設が多く集まっている。共同浴場は一軒「夕陽台の湯」。オホーツク海を一望できる露天風呂が有名である。隣には国設のキャンプ場がある。
知床観光船オーロラ号での遊覧や知床最大のオシンコシンの滝、知床五湖などの知床観光の拠点にもなっている。

泉質:含重曹食塩泉 含ホウ酸食塩重曹泉など
効能:リウマチ 神経痛                                      
▲道東のTOPへ
                                                  ▲このページのTOPへ
18
羅臼温泉
(らうす)
知床半島の東側にある温泉、発見は江戸時代である。知床横断道路(国道334号)沿いに温泉街が広がる。旅館(ホテル)が3軒、温泉民宿が3軒、、共同浴場は、露天風呂「熊の湯」(男女別、無料)が存在する。近くには国設の羅臼温泉キャンプ場も整備されている。主に羅臼湖、羅臼岳への登山基地として利用されている。羅臼町からはわずか25km沖に国後島が望める。国内最大規模のヒカリゴケ群生地は必見。(6〜10月)

泉質:含食塩硫化水素泉・弱食塩泉
効能:リウマチ
ヒカリゴケ群生地
・羅臼湖
・羅臼岳への登山

・国後島を見る
19
養老牛温泉
(ようろううし)
発見は約300年前とされ、アイヌの人々が利用していたが、温泉街が整備されたのは大正時代に入ってからである。標津岳の南麓、標津川河畔に3軒の旅館がある。 湯量が多く高温のため、かけ流しにしている旅館が多い。温泉街の外れ(道沿いではない)には無料混浴露天風呂「からまつの湯」がある。近くには、大パノラマを望める開陽台や摩周湖を裏側から眺められる裏摩周展望台がある。また、標津川ではヤマベ釣りも楽しめる。

泉質:含石膏食塩泉
効能:神経性諸病・婦人病
裏摩周展望台
20
川湯温泉





屈斜路湖
摩周湖周辺
の温泉
屈斜路湖と摩周湖の間にある温泉。開湯は明治19年(1886年)、硫黄採掘職人向けの湯宿が始まりである。道東観光地の中心にあり、シーズン中は大変賑わう。駅から屈斜路湖寄りに20軒程度のホテル・旅館・土産物店・飲食店等が並ぶ。源泉は硫黄山の熱源を利用した硫黄泉が主であるが、全く異質の泉質を独自で持っている宿もある。湖上遊覧や湖畔散策 硫黄山登山などが楽しめる。美幌峠や藻琴峠にも足をのばしてみたい。
川湯温泉から車で10分ほどのところには砂湯がある。

屈斜路湖の湖岸には他に 仁伏温泉、古丹温泉、屈斜路温泉、和琴温泉、弟子屈町内には とう別温泉、摩周温泉がある。

泉質:単純泉。
効能:疲労回復・神経痛・関節痛・糖尿病・筋肉痛・胃腸病・婦人病・痔病・運動器障害・脳卒中の回復期の保養・骨折回復などに
ダイヤモンドダスト
in KAWAYU
(12月〜3月)



摩周湖観光
・屈斜路湖観光
硫黄山登山
美幌峠
21
阿寒湖(畔)温泉
開湯は約140年前とされ、発見当初はアイヌの人々が利用する温泉であったが、旅館ができたのは明治の終わりころである。その後、昭和9年の阿寒国立公園の指定により、観光拠点として発展した。阿寒湖南側の湖畔、遊覧船乗り場あたりに温泉街が広がる。共同浴場は「まりも湯」。土産屋、飲食店なども多い。遊覧船でのマリモ観察、アイヌコタンでアイヌの文化に触れられるほか、雄阿寒岳や雌阿寒岳の登山を楽しむこともできる。冬は凍った阿寒湖上でワカサギ釣りや、スケートも楽しい。
泉質:単純温泉・単純硫黄泉
効能:リュウマチ・婦人病                                      
▲道東のTOPへ
                                                  ▲このページのTOPへ
阿寒湖の観光

・アイヌコタン

雄阿寒岳 雌阿寒岳
 の登山


マリモ観察
22
雌阿寒温泉
古くからアイヌの人々が利用する温泉であったと言われ、温泉旅館が出来たのは大正の初めころである。雌阿寒岳西北麓の標高700mの原生林の中に3軒の宿がある。神秘の湖オンネトーや雌阿寒岳登山への基地によい。

泉質:硫黄泉
効能:神経痛・皮膚病
神秘の湖オンネトー


雌阿寒岳登山
23
糠平温泉
(ぬかびら)
開湯は1919年(大正8年)である。当地にある旅館「湯元館」の初代館主が原生林の中に湧出する温泉を発見したという。その後、ダムの建設により糠平湖が誕生し、現在は糠平湖畔に温泉街が広がる。旅館、ホテルはなどが10軒。湯めぐり手形あり。北海道遺産「タウシュベツ橋梁」や、ひがし大雪博物館、旧国鉄士幌線糠平駅跡、上士幌町鉄道資料館など見どころがいっぱい。「ネイチャートレイル」「東大雪の道」のトレッキングもよい。

泉質:単純温泉
効能:神経痛・胃腸病・外傷
・北海道遺産
「タウシュベツ橋梁」



ひがし大雪博物館
上士幌町鉄道資料館
上士幌町の観光
24
菅野温泉

(かんの)
標高780メートルの然別峡の原生林の中にある温泉。1軒宿の菅野温泉は、明治45年開業で湯治場としての歴史を持つ。8つの源泉は、効能の高さから「菅野で治らぬ病なし」と言われているほど。源泉ごとに浴槽が分けられており、オーナー手作りの露天風呂もある。また、周辺には数多くの野湯もある。野営場の近くに鹿の湯、然別峡ダム周辺にペニチカの湯、ピラの湯、メノコの湯、キヌプの湯、シリコトルの湯。
と、ここまでは2008年11月までの話。
この後2014.3現在休業中です。
紆余曲折ありましたが、2014年ゴールデンウィークにも新しく生まれ変わって再開の予定です。

新しく生まれ変わった温泉棟には異なる泉質の8つの湯船が設けられると言う事です。

25
然別湖畔温泉
(しかりべつこ)
然別湖畔に然別湖畔温泉ホテル風水然別湖ホテル福原の2軒のホテルだけの閑静な温泉。いずれの宿からも湖を一望できる。ホテルの前は然別湖上をめぐる遊覧船の発着場になっている。
湖には、天然記念物のミヤベイワナが生息しており、宿で味わうことができる。
夏はカヌーにトレッキング、熱気球が楽しめ、コタン祭りが開かれる毎年1月から3月までは名物氷上露天風呂に入れる。
然別湖は、自然保護等の規制が最も厳しい場所で、あらゆる動植物の捕獲・採取が禁止されている。当然、湖での釣りも通年で禁止。

泉質: 塩化物泉 硫黄泉
効能:神経痛・慢性便秘・糖尿病
・然別湖遊覧


コタン祭り
(1月から3月


氷上露天風呂
26
十勝川温泉
開湯は1900年(明治33年)だが旅館ができたのは、その10年後である。十勝川沿いに温泉街が広がる。湯は世界的にも珍しい泉質で、植物性モール温泉といい、北海道遺産に選定されている。植物性腐食質などの有機物が多く含まれ琥珀色をしており、肌に柔らかく、美肌効果があるといわれる。
大小合わせて約660個の光のオブジェが使われる 幻想ファンタジー「彩凛詩」 が1月下旬から3月に繰り広げられる。

泉質:ナトリウム―塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・運動麻痺
モール温泉ビール

・近くに 白鳥の飛来地
27
静内温泉
(しずない)
明治中頃、地元の農家が牧場づくりのため踏査中に発見され、皮膚病に特効があることから温泉旅館を開業、湯治客を集めたという。日高管内の数少ない天然温泉である。
館内には主浴槽、副浴槽、ジャグジー、サウナ、水風呂があり、軽食コーナー、休憩室もある。
泉質:含硫黄ナトリウム 炭酸水素塩泉
効能:胃腸病・神経痛・気管支炎 慢性皮膚炎、婦人病                   
▲道東のTOPへ
                                                 ▲このページのTOPへ

                                

                                 
                       ⇒道央・道南へ



  

 

スポンサードリンク




ぐるっと日本温泉めぐりTOP

日本人の温泉観と歴史

温泉のしくみ

温泉の泉質と効用

温泉の入浴方法と注意点
温泉情報TOP

北海道地方の温泉
東北地方の温泉
北陸地方の温泉
(福井・石川・富山)
関東地方の温泉
甲信越地方の温泉
(山梨・長野・新潟)
東海地方の温泉
(岐阜・愛知・静岡・伊豆)

近畿地方の温泉
中国地方の温泉
四国地方の温泉
九州・沖縄地方の温泉

森林浴の森百選TOP

北海道地方
東北地方
北陸地方
関東地方
甲信越地方
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄地方

水源の森百選
日本の祭りと行事

春の祭り
夏の祭り
秋の祭り
冬の祭り



女ひとり旅あれこれ
プロフィール

私の趣味のお部屋
ミニチュア
・音楽と私
・我家のポメラニアン

夢のログハウス

リンクのページ


サイトマップ



道北 道東 道央 道南
Copyright() All Rights Reservedぐるっとにっぽん温泉めぐり