関東地方温泉1 茨城・栃木県

ぐるっとにっぽん温泉めぐり

関東地方の温泉1
(茨城・栃木県)

TOPページ >> 温泉情報TOP  >> 関東地方の温泉1
地図の表示は
温泉情報TOPページで

関東地方の温泉 1
(121温泉)


茨城県  栃木県  群馬県  埼玉県  千葉県  東京都  神奈川県 箱根
温泉地 ひとくちメモ 観光スポット&名産
茨   城   県   の   温   泉
1
平潟港温泉

茨城県の最北端にあり、常磐道の北茨城ICから車で10分ほどの港町の温泉。
昔は、漁を終えた地元の漁師達が冷えた体を温める為に利用していたという。
特産のウニ、アンコウや、あわび、ひらめ、タイなど新鮮な魚介が自慢


泉質:塩化物泉
効能:切り傷、火傷、皮膚病など

2
五浦温泉
五浦海岸に面した断崖に湧き出す温泉。漁港が近いので新鮮な魚介料理が味わえる。岡倉天心や横山大観も愛したという、松と白波が美しいところ。
東京から車で2時間


泉質:ナトリウムカルシウム塩化物泉、炭酸水素塩泉
効能:神経痛、関節痛、慢性消化器病、火傷、皮膚病など

3
袋田温泉

日本三大名瀑「袋田の滝」の目の前に湧く温泉。
平安時代に発見されたと伝えられる。田んぼの中から温泉が湧出したため、古くは「田毎の湯」とよばれていた。この源泉の温泉には日帰り入浴施設「関所の湯」で入ることができる。
また、滝川のほとりに3軒の旅館があるが、源泉は平成11年に新たにボーリングにより開発されたものである。袋田の滝の観光拠点となっていることから旅館、みやげ物屋なども多い

泉質:ナトリウム硫酸塩塩化物泉 単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、
    冷え性、きりきず、やけど、慢性皮膚炎、慢性婦人病


・袋田の滝
栃   木   県   の   温   泉
那須温泉郷
【那須温泉郷】

栃木県那須郡にある那須岳の周辺に点在する温泉の総称。那須七湯といわれている。湯本温泉以外は小さな温泉で、那須岳斜面に点在している。
那須高原
観光のほか、近くには美術館・テーマパークなど数多く、回りきれないくらい





・那須高原観光


・那須ステンドグラス美術館



・那須オルゴール美術館


・那須昆虫ワールド


那須テディベア・
   ミュージアム



・トリックアートの館


・那須サファリパーク


・那須ワールド
  モンキーパーク


・KPS那須高原
パラグライダースクール




・ツツジの大群落








・史跡 殺生石
 4  三斗小屋温泉
茶臼岳の北側、標高1450mに湧く温泉。かつては会津と宇都宮を結ぶ会津西街道の宿場が三斗小屋宿であり、江戸時代は賑わったが、今は2軒の「旅館大黒屋」・「煙草屋」があるのみである。車では行けない奥深い山間にある温泉で、秘湯ムードは満点。

泉質:単純泉
効能:リウマチ 婦人病 神経痛 運動器障害
  5 大丸温泉(おおまる)
那須温泉の最奥地、標高1300mにある200年以上続いている一軒宿。「大丸温泉旅館」
七湯10km離れた那須御用邸にも引き湯されており、かつて乃木がよく訪れたことで知られている。
小川をせき止めた露天風呂『川の湯』が有名。

泉質:単純泉
効能:結核 肋膜炎 湿疹 婦人病 胃腸炎
  6 北温泉
元禄9年に開湯したと伝えられる温泉で、余笹川上流にある江戸時代の木造もある1軒宿「北の湯」。天狗の湯・河原の湯・相の湯・芽の湯・泳ぎ湯のが楽しめる。

泉質:単純泉・弱食塩泉・鉄泉 
効能:ヒステリー病 皮膚病 リウマチ
  7 弁天温泉
大丸温泉と湯本温泉の間、標高1200mの那須岳中腹ににある1軒宿「弁天温泉旅館」。湯量も豊富。およそ250年前に岩窟から温泉が湧き、そこに弁天が祀られているため弁天温泉と名づけられた。

泉質:鉄炭酸泉
効能:胃腸病や冷え性 婦人病 美肌効果
                    ▲栃木県TOPへ
                                 ▲このページのTOPへ
  8 八幡温泉
八幡崎標高1,050mの高地に建つ一軒宿「絶景一望閣」。源泉は白戸川沿岸。ツツジの大群落が目の前に広がる景勝地

泉質:単純泉
効能:疲労回復 病後の保養 胃腸病 貧血症 神経性疾患 痔疾
  9 高雄温泉
高雄股温泉とも呼ばれ、古くは神聖視され、「お行の湯」として知られていた。源泉近くにはかつては一軒宿があり野湯が存在したが廃業し、現在は地元の人達の尽力により天然の露天風呂が整備されている。現在は200mほど下に別経営者による一軒宿「十石荘」がある。

泉質:硫黄泉
効能:リウマチ 皮膚病 切り傷 糖尿病 婦人病
  10 湯本温泉
九尾の狐伝説で有名な殺生石近くにある温泉街。那須温泉郷で唯一の温泉街。那須温泉郷のシンボルともなっている日帰り専用の立ち寄り湯 『鹿の湯』がある。
鹿の湯
「那須七湯」中で一番最初に発見された温泉。
鹿が温泉で傷を癒していたところから"鹿の湯"と名づけられた。

泉質:含硫化水素酸性明礬泉
効能:疲労回復や健康増進 皮膚病 神経病 婦人病 眼病 中風 水虫 しもやけなど
11
板室温泉
1000年近い歴史を持ち、下野薬湯と称されて、広く天下に知られた名湯。
日光国立公園内の板室渓谷の豊かな自然の中にある。湯治目的の人が多く、観光地化されていない貴重な温泉地。約20軒のホテル、旅館、日帰り入浴施設がある。

泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、リウマチス、高血圧症、脚気、脊髄病、小児麻痺、鞭打ち症、疲労回復など

12
塩原温泉郷
箒川沿いを中心とした11の温泉の総称(温泉郷)。1000年以上の歴史を持つ古い温泉郷である。
11の湯場があり、各温泉がそれぞれ異なった泉質と効能を持っている。温泉宿のほかに古くからの共同湯がたくさんあるのも塩原の特徴で、岩の湯や不動の湯等の無人露天風呂もある。湯めぐり手形がある。
《塩原十一湯》
大網 福渡 塩釜 塩ノ湯 畑下 門前 古町 中塩原 上塩原 新湯 元湯


13
湯西川温泉
平家の落人の集落といわれている湯西川渓流沿いに旅館が立ち並ぶ。
共同浴場があり、無料で入浴できる。茅葺屋根の民家などが多く残り、鄙びた雰囲気を持っている。温泉の発見は400年前とされる。
地元で採れた岩魚・ヤマメ等の川魚や野鳥・鹿・熊・山椒魚やみそべら等をいろりでじっくり焼いて頂く落人料理が有名。

泉質:アルカリ性単純泉
効能:神経痛・リュウマチ・外傷                                     ▲栃木県TOPへ
                                                   ▲このページのTOPへ

・平家の里
・平家狩人村







・湯西川・川俣・
奥鬼怒付近の観光



14
川治温泉
江戸時代の享保年間に、男鹿川の氾濫後に偶然発見されたと言われる温泉。
怪我に対する効能があるとされ、湯治の場として古くから親しまれた。会津西街道の宿場町として栄えた所である。男鹿川渓流沿いに約10軒の旅館、ホテルが立ち並ぶ静かな温泉郷。
共同浴場薬師の湯がある。湯はヨードを多く含み美肌効果に優れており、近年若い女性に人気がある。湯行手形あり。

泉質:アルカリ単純泉
効能:神経痛 リウマチ 切傷
15
川俣温泉
渓流沿い 標高が高い 湖に近い 平家の落人が人の目を逃れ住んだと言われる静かな山里の温泉。温水プール、ジャグジー風呂などの設備も整っている。
渓谷や滝など景勝地も多く、四季を通じて楽しむことができる。鬼怒川の源流を眼下に見据える噴泉橋からは、約50分の間隔で、白い湯煙とともに、豪快に湯柱が吹き上がる間欠泉を見ることができる。

泉質:単純温泉
効能:神経痛、関節痛、筋肉痛、運動麻痺、慢性消化器病、痔疾、冷え性、リューマチ、皮膚病全般、糖尿病、不妊症等に
16
女夫淵温泉
(めおとぶち)

奥鬼怒温泉郷の入り口に1軒宿の「女夫淵温泉ホテル」がある。 鬼怒川の渓谷に沿って12箇所の露天風呂がある。そのうち2ヶ所は女性専用、他は混浴になっている。
ここから伸びる奥鬼怒スーパー林道は一般車両の通行が禁止されてため、奥鬼怒温泉郷への訪問客や鬼怒沼、尾瀬登山する人のための駐車場エリアがある。

泉質:ナトリウム塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、くじき、慢性消化器病
奥鬼怒温泉郷
【奥鬼怒温泉郷

郷鬼怒川の源流部付近にあり、加仁湯(かにゆ)八丁の湯 日光沢温泉 手白澤温泉鬼怒沼、をまとめて奥鬼怒四湯と呼ぶ。いずれも一軒宿である。尾瀬への登山客の利用も多い。
近隣には他にも温泉が自噴している野湯が多数あり、天然記念物にもなっている湯沢噴泉塔などがある。
電気、電話が引かれたのは1986年、奥鬼怒スーパー林道が1988年に開通するまでは徒歩でしか行くことのできない秘湯であった。但し一般車の往来は国立公園内のため制限されており、バス送迎を行っている加仁湯、八丁の湯以外は現在も徒歩で行くことになる。

 17  加仁湯(かにゆ)
いろいろな露天風呂が人気。

泉質:含重曹弱硫化水素泉(硫黄泉)他源泉5本
効能:リュウマチ・糖尿病・慢性皮膚炎など
 18  八丁の湯
奥鬼怒温泉郷で一番古い。源泉を8ヶ所持っており、湯量が豊富。
自慢の風呂は大温泉プール「滝見の湯」の他、露天風呂が3ヶ所など個性的な風呂が魅力。

泉質:単純温泉
効能:外傷など
 19  日光沢温泉
奥鬼怒温泉郷の再奥の秘湯。宿は山小屋風。混浴露天風呂が2つ有り、共に野趣あふれる。宿の送迎はないので徒歩で行く。

泉質:硫化水素泉
効能:神経痛・リューマチ・慢性皮膚炎他
 20  手白澤温泉
女夫淵温泉から徒歩2時間かけて行く奥鬼怒の最奥地。湯治場の雰囲気を残している温泉 。冬期は休業となる。
鬼怒沼

泉質:単純硫黄泉
効能:婦人病など                                              ▲栃木県TOPへ
                                                    ▲このページのTOPへ
21
鬼怒川温泉
江戸時代に鬼怒川の西岸に温泉が発見され、滝温泉という名前で、日光詣帰りの諸大名や僧侶達のみが利用可能な温泉であったが、明治なり、一般にも開放され、また明治2年には東岸にも藤原温泉が発見される。昭和2年に両温泉をあわせて鬼怒川温泉とした。戦後は、東京からのアクセスもよく、歓楽街温泉地として多くの人が訪れた。現在は鬼怒川の両岸に大型ホテルが立ち並び、テーマパークも多いことから通年賑わっている。鬼怒川温泉駅前はみやげ物店、食堂、売店が散在する。鬼怒川公園内に町営の鬼怒川公園岩風呂がある。
温泉街の外れには、ロープウェイがあり、ロープウェイの山頂側の駅近くに温泉神社がある。竜王峡や豪快な鬼怒川ライン下り、日光ワンニャン村、ウェスタン村、東武ワールドスクウェア、日光猿軍団、日光江戸村など見どころが多い。

 湯ノ湖 戦場ヶ原 中禅寺湖 華厳の滝

泉質:単純温泉
効能:リュウマチ・神経痛・運動機能障害 火傷
鬼怒川・川治温泉観光

・鬼怒川ライン下り


・日光の観光





日光ワンニャン村
・日光ウェスタン村


・東武ワールドスクウェア

・日光猿軍団

・日光江戸村




・奥日光の観光
 湯ノ湖
 戦場ヶ原
 中禅寺湖

 光徳牧場

・華厳の滝

・日光東照宮



・足尾銅山観光
22
日光湯元温泉
788年に、輪王寺を建立した勝道上人によって発見されたとされる。
源泉地は、温泉街のはずれの湯ノ平湿原にあり、各源泉には屋根が掛けられて保護されている。日光湯元の各旅館や光徳温泉、中禅寺温泉まで分湯されている。
硫黄泉で美人の湯として人気。湯ノ湖畔に、約15軒のホテル、旅館がある。源泉地の隣には日光山輪王寺別院の温泉寺lがあり、ここで入浴することもできる。
湯の湖では、ヒメマスや岩魚釣りが楽しめる。スキー場やハイキングコース、アウトドアの施設もある。

泉質:硫化水素泉
効能:リュウマチ性疾患・糖尿病・生理不順・慢性疾患・
運動障害・高血圧症・痛風・慢性気管支炎・
動脈硬化症・関節痛等
23
日光温泉
日光の市内にある温泉。24軒の宿がある。日光湯元温泉からの引き湯である。
東照宮や光徳牧場、世界遺産巡りなどの基地に最適。

泉質:
効能:
24
日光霧降温泉
赤薙山の南東斜面に広がる霧降高原に建つ一軒宿。「メルモンテ日光霧降」
オープンにあたり、平成9年4月に掘られた温泉。
日光湯元温泉とは源泉が違い、無色透明、無臭の炭酸水素塩泉である。
広大な敷地の中にテニスコート、スポーツ館、天文館、散策路があり、家族連れで楽しめる。

泉質:炭酸水素塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え症 うちみ、やけど、きりきず、痔疾 疲労回復、慢性婦人病、慢性皮膚病
25
馬頭温泉郷
(ばとう)

那珂川の清流を眼下に点在する大・小の温泉宿。那須岳、高原山、日光連山などを一望できる高台にある。江戸時代にはすでに温泉が利用されていたという。
泉質は各温泉により様々。
広瀬温泉 小口温泉 小砂温泉 南平台温泉 八溝温泉


26
松島温泉
さくら市の、旧氏家町の郊外に日帰り入浴施設の「松島温泉乙女の湯」
独特のぬるぬる感があり、またアトピー性皮膚炎に対する効能があるとされている。

泉質:アルカリ性単純温泉
効能:冷え症・神経痛・筋肉痛・疲労回復・慢性皮膚炎・アトピー性皮膚炎・運動麻痺・関節のこわばり・
    五十肩・うちみ・くじき・痔病・慢性消化器病


27
喜連川温泉
(きつれがわ)
1981年にボーリングで掘り当てた新しい温泉である。「日本三大美肌の湯」と言われている。
喜連川城付近を中心に、3軒の公共の宿、また、共同浴場が2軒、日帰り入浴施設が3軒ある。日帰り入浴施設のうち、「喜連川早乙女温泉」のみ荒川を挟んだ対岸にあって泉質も異なる。
喜連川は古い城下町で江戸時代は奥州街道の宿場として栄えた歴史を持っている。

泉質:ナトリウム塩化物泉 湯は透明の茶褐色
    含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 湯は白濁(喜連川早乙女温泉)
効能:リュウマチ、神経痛、糖尿病、不妊症                               ▲栃木県TOPへ
                                                    ▲このページのTOPへ

                                               次のページへ→ 1 2 3 4 5



スポンサードリンク




ぐるっと日本温泉めぐりTOP

日本人の温泉観と歴史

温泉のしくみ

温泉の泉質と効用

温泉の入浴方法と注意点
温泉情報TOP

北海道地方の温泉
東北地方の温泉
北陸地方の温泉
(福井・石川・富山)
関東地方の温泉
甲信越地方の温泉
(山梨・長野・新潟)
東海地方の温泉
(岐阜・愛知・静岡・伊豆)

近畿地方の温泉
中国地方の温泉
四国地方の温泉
九州・沖縄地方の温泉

森林浴の森百選TOP

北海道地方
東北地方
北陸地方
関東地方
甲信越地方
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄地方

水源の森百選
日本の祭りと行事

春の祭り
夏の祭り
秋の祭り
冬の祭り


女ひとり旅あれこれ
プロフィール

私の趣味のお部屋
・ミニチュア
・音楽と私
・我家のポメラニアン



夢のログハウス


リンクのページ


サイトマップ



茨城県 千葉県 神奈川県 東京都 埼玉県 群馬県 栃木県
Copyright() All Rights Reservedぐるっとにっぽん温泉めぐり