温泉の泉質

ぐるっとにっぽん温泉めぐり

温泉の泉質と効用

                                TOPページ >>  温泉の泉質と効用

温泉の泉質と温泉の効用〜
  

一口に温泉と言っても、無色透明だったり、白く濁っていたり、茶褐色だったり、
つ〜んと硫黄の臭いがしたり・・・と様々な温泉がありますね。肌触りも色々ですね。
それは、温泉に含まれる成分の違いからくるのです。それを泉質といいます。



泉質ごとにいくつかのグループに大別されているので、
それぞれの特徴と効用をみていきましょう。

各地の温泉にはいくつかの泉質を合わせ持ったものもありますし、
効用については、温泉の周りの環境や、入浴する人の体の状態によって違いが出てきます。

必ずしもすべてに当てはまるものでないことをお分かりいただいた上で
およその目安としてお読みいただければと思います。



     単純温泉
特 徴  溶存物質量が温泉水1キログラム中に1グラム未満のもので、
 泉温が25℃以上のものをいいます。
 日本ではこの泉質が多く、全体の約40%を占めています。
 のうちpH8.5以上のものをアルカリ性単純温泉と呼んでいます。
 無色透明、ほとんど無味無臭で、含まれる成分が比較的少く
 
刺激が少ないため、肌触りが柔らかく 高齢者や子供でも安心して入れます。
効能 入浴  神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、打撲、くじき、慢性消化器病、
 冷え性、病後回復、疲労回復、痔疾、健康促進など
飲用  胃の粘膜に弱い刺激を与える性質があり、飲むと慢性胃腸病、慢性便秘、
 リューマチ、 腰痛、関節・筋肉障害、神経障害など
に効きます。
    二酸化炭素泉
特 徴  温泉水1s中に遊離炭酸1000mg以上を含むものです。
 日本には比較的少ない泉質です。
 
入湯すると全身に炭酸のが付着するため「泡の湯」と言われています
 この炭酸ガスが皮膚から吸収され、毛細血管や細小動脈を拡張し、
 血液の循環をよくします。
 この泉質の温度はぬるめなので心臓に負担をかけずに温まることができます。
効能 入浴  心臓病、動脈硬化、高血圧、神経痛、胃腸、便秘、利尿、切り傷、火傷、
 運動麻痺、筋・関節痛、打撲、冷え性、更年期障害、不妊症などに効きます。
飲用  飲むと若干の酸味と清涼感があり胃腸を刺激するので、
 利尿作用、鎮静作用、食欲増進などに効果があります。
     炭酸水素塩泉
特 徴  泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンの主成分が炭酸水素イオン
 のものです。  陽イオンの主成分により、ナトリウム炭酸水素塩泉や
 カルシウム炭酸 水素塩泉、 マグネシウム炭酸水素塩泉などに分類され、
 それぞれに性質が違います。
 日本には比較的少ない泉質です。

  (ナトリウム炭酸水素塩泉やカルシウム炭酸水素塩泉)
 無色透明ですが濁っている場合もあります。
 鉄分や炭酸分を多く含み、湯口や湯船に白淡褐色の付着物がつく特徴があります。
 
石鹸は効きません。

  (マグネシウム炭酸水素塩泉)
 無色透明なことが多いです。
石鹸は使えます。
効能 入浴   (ナトリウム炭酸水素塩泉やカルシウム炭酸水素塩泉)
 痙攣、炎症を抑える作用もあり、アレルギー疾患、慢性皮膚病、じんましん等に
 効果があります。

   (マグネシウム炭酸水素塩泉)
 皮膚表面から水分の発散が盛んになり、体温が放散され清涼を感じます。
 
「冷えの湯」「清涼の湯」などと言われます。
 入浴すると皮膚の脂肪や角質を清浄化するので肌がつるつると滑らかになります。
 「美人の湯」と呼ばれる温泉が多いようです。
 また、 皮膚の表面をやわらかくする作用があり、皮膚病や火傷、切り傷に
 よいと言われます。
 そのほか慢性皮膚病、糖尿病、肝臓、リウマチ などに効きます。
飲用     
 (ナトリウム炭酸水素塩泉やカルシウム炭酸水素塩泉)

 飲むと利尿作用とともに、尿酸の排泄作用も活発化し、痛風、尿路結石、
 膀胱炎等に効果があります。
 さらに
、高血糖値を安定させるため、糖尿病にも効果があります。
 また、胃酸を中和すると同時にカルシウムが胃腸を鎮静させるため、
 
慢性胃腸障害にも効果があります。

   (マグネシウム炭酸水素塩泉)
 飲むと、
胃酸を中和します。胃の中で炭酸ガスを発生させ、
 粘液を溶解し幽門の痙攣を鎮め、胃内の排泄を促進します。
 また、胃粘膜の充血を促し、胃の運動を高めるため、慢性胃炎にも効果があります。
     塩化物泉
特 徴  温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンの主成分が
 塩素イオンのものです。
 無職透明です。塩分が主成分となっているので、飲むと
塩辛く
 塩分濃度が濃い場合は苦く感じられます。 
 周囲を海に囲まれていることもあり、日本には多く見られる泉質です。
 皮膚に塩分が付着して汗の蒸発を防ぎ
湯冷めをしにくいため「熱の湯」
 といわれます。
 また、痛みを和らげる
鎮静効果と、塩分の殺菌作用もあるため
 
「傷の湯」とも言われます。
効能 入浴  切り傷、火傷、神経痛、リウマチ、腰痛、うちみ、胃腸、胃酸過多、冷え性、
 慢性皮膚病、慢性婦人病などに効きます。
 
皮膚の弱い人、皮膚の抵抗力の衰えている人は、湯ただれを起こすことがあるので、
 高温浴や長時間湯船に浸かることは控えましょう。
飲用  飲むと、胃液の分泌を促すため、胃酸欠乏症、慢性消化器病、慢性便秘、
 慢性胃カタルなどに効果があります。
 
高血圧、心臓病、腎臓病、浮腫(ふしゅ)のある時や食塩制限のある疾患などは
 控えましょう。
     硫酸塩泉
特 徴  温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、
 陰イオンの主成分が硫酸イオンのものです。
 陽イオンの主成分により、カルシウム−硫酸塩泉、ナトリウム−硫酸塩泉、 
 マグネシウム−硫酸塩泉)などに分類されます。
  
   (カルシウム−硫酸塩泉(石膏泉))
 カルシウムの鎮静効果が高いため、昔から
「傷の湯」「中風の湯」といわれています。

   (ナトリウム−硫酸塩泉(芒硝泉))
 無色透明無味無臭ですが、ナトリウム分を多く含んでいるため、血圧を下げ、
 痛みを和らげる鎮静作用があります。

   (マグネシウム−硫酸塩泉(正苦味泉))
 無色透明無臭。特有の苦味があります。
 マグネシウム分を多く含んでいるため、血圧を下げ、痛みを和らげる鎮静作用が
 あります。

効能 入浴    (カルシウム−硫酸塩泉(石膏泉))
 高血圧症、動脈硬化症、脳卒中、慢性関節リューマチに効果があり、
 打身、切り傷、火傷、痔疾、捻挫にも良いとされ、
 皮膚病では
乾癬(かんせん)、慢性湿疹、ニキビ、皮膚のかゆみにも
 良いとされています。

   (ナトリウム−硫酸塩泉(芒硝泉))
 高血圧症、動脈硬化症、外傷に効果があります。

   (マグネシウム−硫酸塩泉(正苦味泉))
 他の硫酸塩泉と同じ効果がありますが、特に高血圧症の
血圧を降下させ、
 脳卒中後の麻痺を改善します。 動脈硬化予防に効果があります。
 そのほか、肥満症、肝臓病、慢性便秘、切り傷、やけど、慢性皮膚病、
 慢性婦人病、慢性胃腸病、糖尿病、通風、リウマチ などにも効果があります。
飲用    (カルシウム−硫酸塩泉(石膏泉))
 飲用では芒硝泉と同じ効果があり、じんましんにも効果があります。
   
   (ナトリウム−硫酸塩泉(芒硝泉))
 胆汁の分泌が促進されて腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発化するため、
 胆道疾患、弛緩性便秘、糖尿病、肥満症、痛風に効果があります。

   (マグネシウム−硫酸塩泉(正苦味泉))
 入浴の効果と同じく、高血圧症の血圧を降下させ、 脳卒中後の麻痺を改善し、
 動脈硬化予防の効果があります。
 入浴と共に便秘にも良く効くようです。
 西ヨーロッパ方面では飲用水とされ沈静効果があることで広く知られています。
 そのほか、慢性胆嚢症、胆石症、痛風、慢性便秘、肥満症、糖尿病、肝臓病、肝炎、
 月経障害などに効きます。
     含鉄泉
特 徴  総鉄イオンが温泉水1キログラム中に20ミリグラム以上含まれる温泉。
 陰イオンによって炭酸水素塩型と硫酸塩型に分類されます。
 鉄分を多く含み、沸き出し時は無色透明でも空気に触れると
褐色に変化します。
 石鹸はあまりききません。
 鉄分を多く含んでいるため
造血作用が促進され、貧血症には抜群の効果があります。
効能 入浴  貧血、更年期障害、リウマチ、婦人病など
飲用  胃酸の分泌を高め、鉄を吸収しやすくするため、貧血患者に効果があります。
    含.アルミニウム泉
特 徴  温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンとして硫酸イオン、
 陽イオンとしてアルミニウムを主成分とするものです。
 無色透明または、やや黄褐色の酸味を含むものもあります。
効能 入浴  皮膚や皮膚の粘膜を引き締めるため、美肌や皮膚病への効果もあります。
 皮膚病、胃腸病、リュウマチ、腰痛、神経麻痺、運動麻痺、関節傷害、
 筋肉傷害、五十肩、不眠症、 創傷、冷え性・尿路疾患、便秘など

 
明礬泉は「目の湯」とも言われ白内障や結膜炎などにも効果があります。
飲用  慢性消化器病に効果があります。
     硫黄泉
特 徴  総硫黄が温泉水1キログラム中に2mg以上含まれる温泉。
 単純硫黄型と硫化水素型に大別され、わが国では比較的多い泉質です。
 
タマゴの腐ったような特有の臭いがあり、白から微黄色。
 硫黄型は石鹸が良くききます。
 硫化水素型はあまり石鹸がききません。
 肌がぬるぬるするので
美人の湯とも呼ばれます。
 
ただし、皮膚や粘膜の弱い人、乾燥肌の人や、体の弱っている人、お年寄りなどは、
 刺激が強いのでなるべく避けたほうがよいでしょう。
 装飾品は酸化して黒くなるので外して入浴しましょう。

 日光湯元温泉・箱根温泉郷の小涌谷温泉などが代表的な温泉地です。
効能 入浴  硫化水素ガスは痰を出やすくするので慢性気管支拡張症等に(「痰の湯」)。
 また、末梢毛細血管を拡張させるため、動脈硬化症やしもやけに効果があります。
 硫黄泉は、解毒作用があるため、
金属中毒や薬物中毒にも利用されます。
 慢性皮膚病、慢性関節疾患、慢性関節リューマチ等にも良いとされます。
 また、皮膚の角質を溶かしてやわらかくするので、角化症、慢性湿疹慢性膿皮症等
 の皮膚病にも効果があります。
 そのほか慢性婦人病、切り傷、糖尿病や、高血圧症などにも効果があります。
飲用  糖尿病、痛風、便秘などに効果があります。
 
下痢の時は飲用してはいけません。 
     酸性泉
特 徴  水素イオンが温泉水1キログラム中に1ミリグラム以上含まれる温泉。
 活火山の噴気口近辺から湧く塩酸・硫酸・ほう酸を多く含む日本特有の泉質で、
 殆んどが無色又は微黄褐色で酸味があります。
 ヨーロッパ諸国では殆ど見られない泉質ですが、わが国では各地でみることが
 できます。
 世界を代表する強酸性の温泉として、秋田県・玉川温泉、群馬県・草津温泉など
 があります
効能 入浴  抗菌力があるので慢性皮膚病、性病、水虫などに効果があります。
 
刺激が強いので肌にしみます。肌の弱い人は湯上りに軽くシャワーをお勧めします。
飲用  胃がただれたりするので飲まないほうがいいでしょう。
     放射能泉
特 徴  温泉水1s中にラドンを30(百億分の1キュリー単位)以上含有しているものです。
 放射能というとちょっと怖い気もしますが、ごく微量の放射能は、
 むしろ人体に良い影響を与えることが実証されています。 
 冷泉が多く、ほとんど無色透明。他の泉質に比べてると少ないです。
 微量の放射能が含まれていますが、気体で湧き出したあとは
 空気中に散ってしまうので心配はないそうです。
 ただし、
放射能泉は湯あたりを起こしやすいので注意が必要です。
効能 入浴  高尿酸血症、痛風、尿路慢性炎症、糖尿病に効果があり 痛風、リウマチ、神経痛、
 高血圧症、動脈硬化、慢性皮膚病、胆石症、慢性婦人病、自律神経症、
 などに効き、
 「万病の湯」とも言われています。

                                                                     ▲このページのトップへ

ぐるっと日本温泉めぐりTOP


日本人の温泉観と歴史

温泉のしくみ

温泉の泉質と効用

温泉の入浴方法と注意点





温泉情報TOP


北海道地方の温泉

東北地方の温泉

北陸地方の温泉
(福井・石川・富山)

関東地方の温泉

甲信越地方の温泉
(山梨・長野・新潟)

東海地方の温泉
(岐阜・愛知・静岡・伊豆)


近畿地方の温泉

中国地方の温泉

四国地方の温泉

九州・沖縄地方の温泉





森林浴の森百選TOP
北海道地方
東北地方
北陸地方
関東地方
甲信越地方
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄地方

水源の森百選





日本の祭りと行事

春の祭り

夏の祭り

秋の祭り

冬の祭り



女ひとり旅あれこれ

プロフィール



 私の趣味のお部屋

ミニチュア
・音楽と私
・我が家のポメラニアン


 夢のログハウス




リンクのページ

サイトマップ



Copyright() All Rights Reservedぐるっとにっぽん温泉めぐり