東北地方温泉1 青森県 

ぐるっとにっぽん温泉めぐり

東北地方の温泉1
(青森県)

TOPページ >> 温泉情報TOP  >> 東北地方の温泉1 

地図の表示は
温泉情報TOPページで

東北地方の温泉 1
(151温泉)


青森県  秋田県  岩手県  山形県  宮城県  福島県
温泉地 ひとくちメモ 観光スポット&名産
青   森   県   の   温   泉
1
大間温泉
(おおま)
本州最北端の大間岬の南部に湧き出ている温泉。
大間温泉海峡保養センター:日帰り入浴・露天風呂なし

泉質:塩化物泉
効能:火傷・切り傷・皮膚病・虚弱児童・慢性消化器病・便秘・慢性婦人病など

下北半島の観光案内

大間町観光




風間浦観光案内

・イカ刺し







   夫婦かっぱの湯


・イカスミらーめん
2
下風呂
温泉郷

(しもふろ)
室町時代からの歴史を持ち、刀傷に効能があることで知られていた温泉。
ここは、井上靖の小説「海峡」や、水上勉の「飢餓海峡」の舞台となったところである。
古くからニシン漁師の湯治場として栄え、現在はイカ漁の行われる漁港で、夜の津軽海峡の水平線上に一列に並ぶ青白いいか釣り船の漁り火を見ることができる。毎年夏には、コースに仕切られた水槽でイカを使ったレース「烏賊様レース」が開催され、観光客の人気を呼んでいる。
海岸沿いの山肌に、大湯・新湯という2つの共同浴場のほか、旅館や民宿が立ち並ぶ。湯巡手形「遊めぐり」あり。

泉質;塩化土類硫化水素泉
効能:
打撲傷・腺病質・水虫
3
薬研温泉

(やげん)
下北半島の中心部にある400年の歴史を持つ温泉。
山深くヒバの原生林に囲まれ、豊臣方の落ち武者伝説がある。
大畑川沿いに4軒の旅館、ホテルがある。
薬研温泉から大畑川2km上流の奥薬研温泉は、800年ほど古く、恐山を開山した円仁がこの地で大怪我をしたとき「かっぱの湯」に浸からせてもらい怪我を治したという伝説がある。河原にある大露天風呂「かっぱの湯」が人気。
さらに先には、町営の温泉「奥薬研温泉レストハウス」にも露天風呂「夫婦かっぱの湯」がある。

泉質:単純温泉
効能:疲労回復・リュウマチ・神経痛

                              ▲青森県のトップへ
4
湯野川温泉
開湯は約300年前、泉竜寺の開祖である大英門突によって発見され、湯治場として利用されてきた。下北半島の奥地、湯野川渓流沿いに温泉地が広がる。
ホテルは2軒、旅館は3軒ある。日帰り入浴施設は1軒、濃々園(じょうじょうえん)
泉質:単純温泉
効能:外傷・神経
5
馬門温泉

(まかど)
源義経が馬門温泉に入浴したとの言い伝えがあるほど温泉の歴史は長く、北前船交易や南部銅の積み出し、蝦夷地開発の前線基地だった野辺地湊を背後に控え、その奥座敷として賑わったという。
現在は、リゾート温泉として1軒宿の 「まかど温泉富士屋ホテル」 がある。
総ヒバ造りの大浴場があり、日帰り入浴もできる。

泉質:カルシウム - 硫酸塩泉
ホタテ
まかど温泉スキー場
6
浅虫温泉
平安時代の876年に、円仁が発見したとされる。温泉は当時は麻を蒸すことにだけに使われていたが、1190年にこの地を訪れた法然が温泉への入浴を広めたという。
温泉名は麻を蒸すことに由来し、麻蒸→浅虫となった。
現在は東北地方有数の歓楽温泉街となっている。浅虫温泉駅を中心に、大型ホテルや旅館が広がる。道の駅浅虫温泉には「はだか湯」という展望浴場がある。
新鮮な海の幸が味わえる。

泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩-塩化物泉
効能:消化器・神経系統に効能
浅虫水族館 
・湯の島
・陸奥湾展望台

浅虫海釣り公園

・新鮮な海の幸
7
稲垣温泉
奥津軽の名湯として知られる稲垣温泉は、江戸時代、広大な芦原を開拓した農民たちが地下水を沸かして風呂をたて、日頃の労働の疲れを癒したのが始まりという。以来この沸かし湯は銭湯「稲の湯」と呼ばれ繁盛した。昭和になってこの地下水は枯渇してしまい、新たな掘削で、湯量豊富な本物の温泉が湧き出したという。
「稲の湯」はそのまま唯一の温泉宿「稲垣温泉ホテル花月亭」となっている。規模が大きく、離れや露天風呂などの設備も充実している。

泉質:ナトリウム塩化物泉
効能:
神経痛、筋肉痛、関節痛、婦人病、うちみ、くじき、痔疾など

                                 ▲青森県のトップへ

・五所川原の観光

・太宰治の生家「斜陽館」
・竜飛岬


・十三湖
・十三湖のシジミ
8
城ヶ倉温泉
八甲田山の西側、城ヶ倉大橋の近くに規模の大きな一軒宿の「ホテル城ヶ倉」がある。
周囲は十和田湖樹海と呼ばれる大原生林地帯で、高山植物が咲き乱れ、森林浴やハイキングが楽しい。

泉質:単純温泉
効能:神経痛



・奥入瀬渓流



・八甲田の登山



十和田湖観光













・南八甲田登山













蔦沼めぐり
  野鳥の森めぐり













十和田湖温泉スキー場
9
酸ヶ湯温泉

(すかゆ)
江戸時代前期の1684年の開湯といわれる。雪が多く6月上旬頃まで雪が残ることもあるという非常な山奥にもかかわらず、古くから湯治場として訪れる者が多かったという。
湯は皮膚に傷があるとしみるほど酸性が強い。効能の高さから、湯治客も多く、湯治用宿泊棟もある。「酸ヶ湯温泉旅館」は八甲田山中の一軒宿であるが、宿の規模は大きい。千人風呂が有名(混浴)。近辺は奥入瀬から続く紅葉の名所であり、又八甲田の登山客も利用している。


泉質:酸性硫化水素泉・石膏泉
効能:
神経痛・リュウマチ
10
荒川温泉
ブナ林に囲まれた山間部に1軒宿の「八甲田ホテル」が存在する。
ログハウスの本棟、青森ヒバを用いた湯船などが特徴。日帰り入浴はない。
近くには酸ヶ湯があり、同系列のホテルに送迎もしている。


泉質:酸性硫酸塩塩化物泉
効能:
神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え症
11
猿倉温泉
南八甲田への登山口にある1軒宿の「猿倉温泉」
本館と新館それぞれ浴場がある。湯量が多く十和田湖温泉郷、奥入瀬渓流温泉、焼山温泉へに引き湯している。
湯は青みがかった白い濁り湯。冬季は休業する。日帰り入浴あり。

泉質: 硫黄泉
効能:
神経系疾患
12
谷地温泉
(やち)
400年前の開湯とされ、北海道のニセコ薬師温泉、徳島県の祖谷温泉とともに日本三大秘湯の一つに数えられる。
高田大岳の入り口にあり、近くには谷地湿原が広がる。
一軒宿の「谷地温泉」があり白濁した湯と透き通った2つの泉質を楽しめる。
古くからある混浴の湯小屋と、総ヒバ造りの新しい女性専用のものがある。

泉質:硫黄泉他
効能:火傷・皮膚病・飲泉で胃腸病

                               ▲青森県のトップへ
13
蔦温泉
(つた)
発見は1174年と歴史のある湯で、日本百名湯にも選ばれている。
十和田樹海と呼ばれるブナの原生林の中に一軒宿の「蔦温泉」がある。
大正時代に建てられた本館と、源泉が足元から湧いてくるヒバの浴槽「久安の湯」が有名。
蔦温泉の周囲には、「蔦の七沼」と称される湖沼群が点在しており、蔦沼めぐり、野鳥の森めぐりの散策コースがある。

泉質:芒硝泉
効能:
婦人病・胃腸病
14
焼山温泉
奥入瀬渓流の入口(焼山)に作られた温泉。
猿倉温泉からの引湯であるが、奥入瀬渓流や十和田湖観光の拠点になっており、大型の宿泊施設が多い。十和田湖からは少し離れている。
また温泉郷には十和田湖温泉スキー場がある。

泉質:単純泉 * 硫黄泉
効能:
神経痛

黒石温泉郷
【黒石温泉郷】
    ・ 浅瀬石川沿いに 温湯温泉・長寿温泉・温湯温泉・落合温泉・板留温泉
    ・ 山間部に離れた場所に 青荷温泉
    ・ 更に山奥に入った隣町平川市に 温川温泉


弘前市観光案内

西洋建築の建物が並び、レトロムードの溢た町



「弘前桜まつり」
「弘前城雪灯籠まつり」





・黒石市
城下町の面影が残る町。日本の道百選にも選ばれた古い町並

こみせ通り

・津軽こけし館







 15 .温湯温泉(ぬくゆ)
開湯は、四百数十年前といわれ、湯治主体の温泉である。
共同浴場「鶴の湯」を中心に、その周囲に明治後期から大正にかけての木造建築「温泉客舎」が立ち並び、鄙びた温泉場の風景を構成している。
大部分の温泉宿舎は内湯を持たず、客は外湯に入りに行く、昔ながらの湯治場のスタイルを守っている。
また、温湯はこけしの里として有名。

泉質:ナトリウム-塩化物泉
効能:
リウマチ・胃腸病・皮膚病・中風
 16 落合温泉
浅瀬石川沿いの静かな田園の中に6軒の旅館があるひなびた温泉。
湯治客が多い。共同浴場一軒。板留温泉が対岸にある。

泉質:塩化物泉
効能:
リュウマチ・慢性婦人病
 17 板留温泉
落合温泉に対岸に2軒の旅館、4軒の民宿がある。
開湯時期は不明だが、天文年間以前の開湯。

泉質:含食塩芒硝泉
効能:
リュウマチ・慢性婦人病
 18 青荷温泉
青荷渓流沿い、広葉樹の原生林の中に湧いている秘湯。
一軒宿「龍人の湯」ランプの宿として知られる。
新しくできたヒバ造りの風呂が好評。

泉質:単純温泉
効能:皮膚病
 19 温川山荘(ぬるかわ)
十和田湖の西北に湧く、周囲を楓やブナに囲まれた秘湯の一軒宿「温川山荘」
原生林に囲まれた混浴露天風呂が名物。
十和田湖観光の基地によい。

泉質:ナトリウム、カルシウム、硫酸塩、塩化物泉
効能:
神経痛・リウマチ
                               ▲青錘権のトップへ

碇ヶ関温泉郷
(いかりがせき)
【碇ヶ関温泉郷

秋田との県境の地にあり、藩政時代に関所が置かれていたところである。
吉田松蔭、津軽藩主などが訪れた由緒ある温泉。
碇ヶ関温泉郷には、碇ヶ関温泉、古遠部、久吉、湯の沢等、
4つの温泉(郷)と異なる7つの泉質がある。それぞれが入浴だけでも可。


平川市観光

碇ヶ関御関所






・矢立遊歩道
(明治25年まで使われていた奥州街道)
 20  碇ヶ関温泉(いかりがせき)
鎌倉時代に津軽4代藩主信政公が、御仮屋を造営して入湯したのが、碇ヶ関温泉の始まりといわれており、幕末には、伊能忠敬や吉田松陰などの名士がここを通り入湯したという記録が残っている。
日露戦争や、満州事変・日支事変・大東亜戦争の際には、陸軍の療養所が開設され、傷痍軍人の療養にあてられた。
碇ヶ関駅の周辺に温泉街が広がっている。

泉質:弱食塩泉
効能:胃腸病・リュウマチ・創傷・腰痛・神経痛・婦人病
   湯ノ沢温泉郷
平川の支流湯の沢川に沿って、秋元・なりや・湯の沢山荘と三つの温泉があり、
これらの温泉を総称して湯の沢温泉という。 
これらの温泉は2〜300メートルの距離にありながら温泉の泉質が異なっており、
近郷近在や、遠く北海道方面からも、湯治客があとをたたない。

===============================

 21  【湯ノ沢温泉
湯ノ沢山荘は、津軽湯の沢駅の近くで国道7号線から分岐する一本道を、湯ノ沢川沿いに走った一番奥の方にある。

泉質:含土類石膏食塩泉
===============================

 22  【なりや温泉
泉質:食塩硫化水素泉  弱食塩泉
効能:リュウマチ・神経痛・胃腸病・婦人病・冷え症・骨折

===============================

 23  【秋元温泉
400年の歴史を持つとされる、湯ノ沢で最も古くからある温泉。
「三日一廻りの霊泉」として古来より有名。
硫化水素泉の濃度では国内随一。その稀に見る強烈な硫化水素泉は、ガス臭のために卒倒する客もいて、以前は夜間入浴が禁じられていたほどである。
今も各地から、その効能を求めて湯治客が集まる。
温泉旅館と湯治宿を兼ねる昔ながらの温泉宿 秋元旅館 がある。

泉質:酸性硫化水素泉(緊張性低張性温泉)
効能:神経痛・リュウマチ・冷え性・胃腸病・創傷・婦人病
  24 古遠部温泉(ふるとおべ)
ひなびた風情のある、湯治療養で有名な一軒宿の温泉。
湯量が豊富で湯が川のように流れて、ヒバ作りの湯船や床に湯の花が大量に付着している。
泉質:含石膏弱食塩泉
効能神経痛・脳貧血後の半身不随・肝臓疾患・小児病
  25 久吉温泉
久吉温泉】
以前は湯小屋があったが、現在は取り壊されて湯船のみになっている。

【久吉たけのこ温泉たけのこの里】
久吉温泉のすぐ近くにできた施設で久吉温泉とは源泉が違う。
露天風呂もあり、内湯のみが日帰りで利用できる。
泉質:カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉
効能:リュウマチ・神経痛・胃腸病・婦人病・冷え症・骨折きりきず・やけど
    慢性皮膚症・虚弱児童・慢性婦人病・動脈硬化症

                                                  ▲青森県のトップへ
26
大鰐温泉郷

(おおわに)
円智上人により約800年前に発見されたとされる温泉で江戸時代には津軽藩の湯治場となっていた。明治になって交通網の発達により湯治客で賑わうようになったという。
温泉街には9つの共同浴場や大鰐町地域交流センター(愛称「鰐Come」)内の日帰り入浴施設がある。大鰐温泉スキー場も近く、スキー場近辺にはホテルが立ち並ぶ。温泉街は駅周辺から東へ向かって広がっている。

泉質:トリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
大鰐町観光


大鰐温泉スキー場
温泉もやし
27
百沢温泉
岩木山神社の近く、岩木山の登山口に12軒の旅館がある。
茶褐色の源泉で、泉質は科学的にも貴重で効能も高い。
湯口や湯船、浴室の床に湯の花が大量に付着している。
長湯ができないほどの効き目を感じる湯。
岩木山百沢スキー場へも近い。

泉質 重炭素土類線
効能 皮膚病・神経痛


・岩木町
全長20kmにも及ぶ世界一長い桜並木があり、5月中旬が見ごろ。


    岩木山

焼きとうもろこし

・鯵ヶ沢付近の観光




ミニ白神 くろもり館
白神山地 

・十二湖
28
嶽温泉
(だけ)
津軽藩四代藩主の津軽信政によって開かれ、400年近い歴史がある。
岩木山の麓に昔ながらの湯治場の風情を色濃く残す温泉街が広がり、
旅館、お土産店が立ち並ぶ。焼きとうもろこしが名物。
温泉街周辺には、岩木山スキー場、パラグライダー練習場、
運動公園、岩木山登山路などがあり、通年でスポーツやレジャーを楽しめる。

泉質:含土類酸性硫化水素泉
効能: 皮膚病・創傷・リュウマチ・胃腸病
29
鰺ヶ沢温泉
(あじがさわ)
津軽西海岸の観光基地として最適で、宿も比較的駅から近い。五能線の旧型車両の観光列車に乗り、美しい海岸線を眺めるのが楽しい。
世界遺産白神山地を体験できる 「ミニ白神」 が近い。

泉質:塩化土類強食塩泉
効能:皮膚病・痔疾
30
黄金崎不老不死温泉
海に沈む夕陽が見られる秘湯として有名な温泉。
一軒宿の「不老ふ死温泉」があり日本海に面した海辺の岩場にある露天風呂が有名である。
湯の色は金色をしている。海水浴や磯遊びも楽しめる。
近くの十二湖、世界遺産・白神山地の観光基地にも良い。

泉質:ナトリウム−塩化物泉
効能: リュウマチ

                               ▲このページのトップへ
                                          次のページへ 1 2 3 4 5 


スポンサードリンク




ぐるっと日本温泉めぐりTOP

日本人の温泉観と歴史

温泉のしくみ

温泉の泉質と効用

温泉の入浴方法と注意点
温泉情報TOP

北海道地方の温泉
東北地方の温泉
北陸地方の温泉
(福井・石川・富山)
関東地方の温泉
甲信越地方の温泉
(山梨・長野・新潟)
東海地方の温泉
(岐阜・愛知・静岡・伊豆)

近畿地方の温泉
中国地方の温泉
四国地方の温泉
九州・沖縄地方の温泉

森林浴の森百選TOP

北海道地方
東北地方
北陸地方
関東地方
甲信越地方
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄地方

水源の森百選
日本の祭りと行事

春の祭り
夏の祭り
秋の祭り
冬の祭り


女ひとり旅あれこれ
プロフィール

私の趣味のお部屋
・ミニチュア
・音楽と私
・我家のポメラニアン



夢のログハウス


リンクのページ


サイトマップ



青森県 秋田県 岩手県 宮城県 山形県 福島県
Copyright() All Rights Reservedぐるっとにっぽん温泉めぐり