東北地方温泉4 山形・宮城

ぐるっとにっぽん温泉めぐり

東北地方の温泉4
(山形・宮城)

TOPページ >> 温泉情報TOP  >> 東北地方の温泉 >>   >>    >> 4

地図の表示は
温泉情報TOPページで

東北地方の温泉 4
(151温泉)

青森県  秋田県  岩手県  山形県  宮城県  福島県
温泉地 ひとくちメモ 観光スポット&名産
山   形   県   の   温   泉
86
湯ノ田温泉
山形県最北、東に鳥海山を控えた日本海に臨む遊佐町の温泉。文化元年、地震によって温泉が湧出したといわれる。夕暮れの眺めが美しい「出羽二見」や十六羅漢岩が近い。鳥海山」の麓は「二の滝」など自然の見事な景観が観賞でき、山腹では、8月上旬まで夏スキーが楽しめる。海岸沿いに2軒の旅館がある。

泉質:含炭酸食塩泉
効能:神経痛リウマチ、胃腸病、神経痛、皮膚病
・遊佐町観光
     出羽二見
87
羽根沢温泉
1919年(大正8年)、石油試掘中に湧きだした温泉。旅館は4軒で、山間の狭地の小さな温泉街である。肌がツルツルになるところから、別名「美人湯」ともいわれいる。川魚、山菜、きのこ等、地元でとれる素材をふんだんにつかった料理が中心で、特に最上川上流に生息するモズク蟹の料理が自慢

泉質:含食塩重曹泉
効能:やけど・皮膚病・神経痛・運動機能障害

88
草薙温泉
開湯は明治12年、「磐根街道(現国道47号)」の工事中に温泉が湧出したという。最上川ライン下りの船着場の目の前に、2軒の旅館が存在する。 浴室は川縁にあり、最上川の流れを眺めながら湯につかることができる。 郷土料理の山菜、キノコ、また春と秋には最上川でとれる川ガニ、八ツ目うなぎ、鮎料理が美味しい

泉質:含食塩硫化水素泉
効能:皮膚病・やけど・外傷・神経痛・婦人病
89
今神温泉
発見は1300年ほど前。古来より万病に効き、難病に格別の効果があるとされる。かつてのハンセン病患者など、当時の医療で「不治の病」と診断され、医師に見放された病人が、神仏のご加護で病が治ると信じ、最後の希望を持って湯治にやってくる「霊場」のような場所であった。そのため、入浴時には腰に白い布をつけて念仏を唱えながら入湯する風習を残している。一軒宿の今神温泉があるが、湯治のみを受け付けており、そのため日帰り入浴はおろか1泊、2泊での宿泊も断っている。電気は引かれておらず、夏季のみの営業である。

泉質:含食塩芒硝重曹泉
効能:リウマチ・切り傷・皮膚病・高血圧・胃腸病

90
肘折温泉郷
(ひじおり)
南西の「月山」、南東の「葉山」と2つの修験の山に囲まれた銅山川沿いの温泉地で1200年ほどの歴史を持つ。古くからの湯治場で、自炊部を持つ旅館が多く長期滞在の湯治客が多い。温泉街は木造建築の古い旅館や住宅が多く、鄙びた雰囲気をもっている。共同浴場3軒のほか日帰り入浴施設もある。湯の台スキー場が近く、冬はスキー登山の基地となる。

泉質:含重曹弱食塩泉
効能:打撲傷・胃腸病・神経痛・心臓病                              山形県トップへ
・湯の台スキー場
91
瀬見温泉
義経一行が源頼朝の追っ手を逃れて平泉をめざしていたとき、北の方が産気づいたため武蔵坊弁慶が産湯を求めて沢を下り発見したという言い伝えがある。北の方がお産をした際に加護のあった観音様を祀っている亀割子安観音や、亀若丸の名をつける時に弁慶が硯として墨をすった岩といわれている弁慶の硯石など、義経にまつわるものが多く、ロマンあふれる温泉郷。温泉街には「ふかし湯」という共同浴場もある。

泉質:塩化物泉
効能:リュウマチ・婦人病・皮膚病・痔疾
・最上町観光


   弁慶の硯石


赤倉温泉スキー場
92
赤倉温泉
1000年以上の歴史のある温泉。江戸時代には松尾芭蕉も奥の細道の途中に立ち寄っているという。小国川をはさんで旅館やペンションがある。温泉街では湯巡り手形を発行している。周辺には、奥の細道ゆかりの封人の家や山刀伐峠をはじめ、最上三十三観音のひとつである馬頭観音など、名所・旧跡も数多く残されている。近くには赤倉温泉スキー場がある。

泉質:含芒硝石膏泉
効能:リュウマチ・神経痛・皮膚病・切り傷・眼病
93
銀山温泉
350年ほど前に、かつてこの地にあった延沢銀山の工夫が銀山川の中に湧いている温泉を発見した。1689年に銀山が閉山した後は湯治場として賑わったが、大正時代に大洪水により温泉街は壊滅した。その後、地元財界の力で復興したという。銀山川の両岸に、大正から昭和初期にかけて建てられた(当時としてはモダンな)バルコニーつきの旅館などが立ち並び、歩道にはガス灯が灯っている。湯は細かな湯花が混じった乳白色の湯。「大湯」「しろがね湯」の2軒の共同浴場と足湯がある。旅館「藤屋」の白人女将藤ジニーが有名。

泉質:含食塩硫化水素泉
効能:胃腸病・神経痛・金属中毒症
94
碁点温泉
(ごてん)
最上川沿いに、昭和53年にボーリングによりできた温泉で、1軒宿の「クアハウス碁点」がある。20の浴槽と温泉プールがあるスパリゾート型の温泉。

泉質:塩化物泉
効能:外傷・関節痛・冷え症・疲労回復

95
天童温泉
明治時代開湯の、観光・宴会向き温泉。天童駅の東側に型のホテルや高級旅館が立ち並んでいる。無料の観光駅馬車(バス)もあるので便利。さくらんぼ狩りりんご狩りなどを楽しむこともできる。天童市は、将棋の駒の生産が全国の95%を占めることで有名。

泉質:含芒硝石膏泉
効能:神経痛・胃腸病・糖尿病・肥満
                                                      山形県トップへ
天童市の観光

・人間将棋【4月】



将棋資料館
96
湯野浜温泉
1000年ほど前、付近の漁夫が海辺で亀が温浴しているのを見て発見したと伝えられている。山形の上山温泉、福島の東山温泉とともに奥羽三楽郷に数えられ古くから栄えた。
日本海に面してホテルや旅館が約20軒ほど建ち並んでいる。沈む夕日の美しい眺め、日本海で採れる新鮮な魚介類が魅力。夏は海水浴客でも賑わう。

泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物泉
効能:胃腸病・貧血・リュウマチ

97
由良温泉
鶴岡市街の南西、日本海に面した由良海水浴場、景勝地白山島に近い海浜温泉。由良海岸沿いに3軒の温泉旅館の他に数多くの民宿が点在している。夏場は海水浴客で混雑する。

泉質:含石膏芒硝硫黄泉
効能:神経痛・リウマチ・胃腸病

98
温海温泉
(あつみ)
1000年以上の歴史を持ち、藩公の湯役所が設けられて以来湯治場として栄えてきた温泉。日本海に注ぐ温海川河口近くの山間に大型ホテルや旅館、3ヶ所の共同浴場と足湯がある。温泉街の一角では4月〜12月位まで260年の歴史を誇る名物朝市を開催。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
効能:切り傷、火傷、湿疹、皮膚病 神経痛、リウマチ、婦人病
飲用胆石、胃腸弛緩症、尿結石、金属中毒症、慢性便秘

99
上山温泉
(かみのやま)
上山は江戸時代には宿場町として栄えた温泉町で、会津の東山、庄内の湯野浜と並び、「奥羽三楽郷」といわれた。地区ごとに、湯町、十日町、新湯、高松、葉山、河崎、金瓶など多くの温泉があり、総称して「かみのやま温泉」と呼ぶ。素朴な純和風旅館、老舗旅館、大型観光ホテルなど30数軒の宿がある。かみのやま温泉には九つの坂道があり「湯出坂」、「月待坂」、「袖摺坂」などの名前がついている。温泉街では湯巡り手形を発行している。共同浴場は7軒ある。

泉質:含石膏弱食塩泉
効能:神経痛・リュウマチ・創傷・婦人病                              山形県トップへ

100
蔵王温泉
蔵王温泉は、高湯温泉、最上高湯とも呼ばれ、白布高湯(山形県)、信夫高湯(福島県)とともに「奥羽三高湯」に数えられる。源泉が複数あるが、強酸性の泉質が特徴で皮膚病に高い効能があるとされる。また肌を白くする効能から「姫の湯」の異名も持つ。宿泊施設は県内一の多さで、酢川にそって温泉街が広がる。共同浴場は3カ所、春から夏にかけては川沿いに大露天風呂が作られる。スキー場の入り口になっているが、新緑や紅葉の他に夏には高山植物も楽しめる。

泉質:含硫化水素強酸性明ばん緑ばん泉
効能:皮膚病・創傷・眼病・神経痛
蔵王近辺の観光
101
赤湯温泉
開湯は約900年前。源義家の弟、源義綱が発見したとされ、家臣達がこの温泉で傷を癒した際、傷から出た血でお湯が真っ赤になったことから、赤湯と呼ばれるようになったという。また、共同浴場の大湯は、1312年に弘法大師によって開かれたという伝説を持つ。江戸時代は米沢藩の湯治場として栄え、藩主専用の御殿湯も設けられた。
温泉街は吉野川と国道13号の間に広がり、21軒の旅館が存在する。共同浴場は5軒ある。源泉地には飲泉場、足湯もある。ぶどうやサクランボの観光果樹園などもあり、ワイナリー見学もできる。

泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物泉、アルカリ性単純温泉など
効能:胃腸病・婦人病、きりきず、やけど、皮膚病
102
五色温泉
約1300年前、役小角が五色の湯煙を見て発見したと伝えられ、古くから子宝の湯として知られている。江戸時代には、米沢藩上杉氏の守り湯として、また湯治場として利用された。温泉周辺には明治44年に民営としては日本最初のスキー場(五色温泉スキー場)ができ、皇族、華族専用のスキーロッジ六華クラブもあったという。宿は約120年の歴史をもつ一軒宿「宗川旅館」。男女別の展望風呂からは山々の大パノラマを見下ろすことができる。

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉
効能:婦人病

103
滑川温泉
(なめがわ)
発見は1742年。郷士斎藤盛房が、川中で足を滑らせ転倒した際に温かいの石に触れ、温泉を発見したといわれる。一軒宿「福島屋」は1763年に、米沢藩の許可を得て開業し、以後湯治場として賑わった。200年ほど経つ建物には現在も自炊部があり、湯治客の常連も多い。また、吾妻連峰の登山基地としてもよく利用されている。冬季は休業。湯は青みがかった白色で柔らかい。

泉質:硫酸塩泉
効能:動脈硬化症、切傷、火傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病、神経痛など

104
姥湯温泉
(うばゆ)
室町時代に金山を探している山師が、山姥に教えられて発見したとされる。
大日山の山麓、標高1230mの大昔の噴火口跡に温泉がある。
江戸時代から続く一軒宿
「桝形屋旅館」は絶壁を背にして建っている。
湯は青みがかった白濁湯で、かなり強い湯なので湯あたりに注意。日帰り入浴可能。

泉質:含硫化水素酸性緑ばん泉
効能:神経痛・糖尿病                                        山形県トップへ

105
小野川温泉
開湯は、836年、温泉名は、小野小町が父の行方を訪ねて京都から東北に向かう途中、病に倒れた際に偶然発見したとされることによる。湯はラジウム含有量が多いのが特徴ホタルの里として知られ、ほたる公園内に無料で入浴できる石組した源泉100%の露天風呂(男女別)がある。共同浴場は「尼湯」「滝湯」

泉質:含硫化水素弱食塩泉
効能:やけど・皮膚病・切り傷・リュウマチ

106
大平温泉
西吾妻の東大嶺北西麓、柳沢渓谷に湧いている秘湯。発見は1200年前といわれる。河原にある石を積んで作られた露天風呂が有名。一軒宿「滝見屋」がある。

泉質:含石膏硫化水素泉
効能:胃腸病

107
白布温泉
(しらぶ)
福島の高湯温泉、山形の蔵王温泉とともに奥羽三高湯に数えられた開湯700年の歴史を持つ温泉。標高約900メートルの吾妻山北西側、大樽川沿いにあり、湯治場としては400年の歴史をもつ秘湯である。湯滝が名物。周囲には、ニホンカモシカなどの動物も多く生息し、世界でも珍しい白ザルの里としても名高い

泉質:含石膏硫化水素泉
効能:創傷・やけど・神経痛・胃腸病

108
新高湯温泉
白布温泉からさらに車で10分の所にある一軒宿「吾妻屋旅館」の温泉。
標高1,120mの露天風呂は、背後に西吾妻山がそり立ち、朝日連峰が一望できる。

泉質:含石膏硫化水素泉
効能:切り傷、火傷、神経痛、リュウマチ、糖尿病、婦人病、事故後後遺症など

109
泡ノ湯温泉
小玉川支流の内川沿いにある一件宿「三好荘」の温泉。岩の割れ目から、多量 の炭酸ガスを含んだ泡が湯となって噴出するところから、泡の湯の名がついたといわれる。湯は38度とぬるいが、炭酸泉は高温だとガスがぬけやすく、効果がなくなるため、ぬるい湯にじっくりと時間をかけて入浴するのがよい。近くの山で採れた山菜、川魚が美味。

泉質:含ブロム炭酸土類鉄泉
効能:胃腸 高血圧 血行不良の改善、冷え性緩和、保温効果肩こり、腰痛、筋肉痛、疲労回復
    きりきず、火傷等の回復                                  山形県トップへ

宮   城   県   の   温   泉
110
温湯温泉
(ぬるゆ)
温泉は、古く平安の末に山崩れで湧き出したと伝えられ、奥州藤原氏三代藤原秀衡がこの地に湯神社を祭祀したと言われている。
佐藤旅館は、鎌倉時代に政争に敗れて移り住んだ三浦氏の一族が開宿した宿で、大正時代まで続いたが、昭和の始めより佐藤家が引き継いでいる。
旧館は大正時代から昭和にかけての建築で、一部は明治時代の部分も残っており磨き込まれた廊下や手すり、木枠のガラス戸や二階を結ぶ渡り廊下が歴史を物語っている。モダンな建物で、かつては地元の社交場としてにぎわったという。
旧館の中庭を旧街道が通っている。 浴槽はそれぞれに趣が違う5つ。
露天風呂はその昔、御番所の役人の自家用風呂だったことから『御番所風呂』という名がついている。栗原市営の公共温泉宿泊施設「温湯山荘」もある。

泉質:弱食塩泉
効能:リューマチ、神経痛、創傷、慢性皮膚病、胃腸炎、火傷、運動麻痺等
鳴子温泉郷 【鳴子温泉郷】

鳴子温泉・東鳴子温泉・川渡温泉・中山平温泉・鬼首温泉の5つの温泉地の総称。
源泉数は370本以上、日本国内にある11種の泉質のうち9種がここに集まっていると言われる。
昔から東北の湯治場として多くの人に利用されてきた。
鳴子はこけしの里としても有名



鳴子の観光



日本こけし館

・おくの細道散策

鳴子の漆器

・鳴子ダム












     間欠泉
  111 鳴子温泉
鳴子温泉の歴史は古く、「続日本後紀」によると承和二年(835年)潟山が大爆発し、熱湯が轟音をあげて噴出した時に始まる。
大型ホテル、旅館や湯治宿などいろいろなタイプの宿が存在する。
駅前には足湯も存在する。宿の内湯と共同湯など、5つの温泉地をはしごできる1年間有効の湯めぐり手形もある

泉質:硫黄泉・含芒硝硫化水素泉・酸性明ばん泉・含硫化水素酸性泉・芒硝性苦味泉・弱食塩泉・重曹泉
効能:腺病質・リュウマチ・皮膚病・婦人病
  112 東鳴子温泉
東鳴子温泉は、鳴子温泉の入口にあり、古くから湯治の里として栄え、江戸時代には仙台藩藩主専用の風呂である御殿湯も置かれた。明治43年の山崩れで温泉は埋没したが、その後復興している。古くから湯治場として開けたことから、素泊まりや自炊部、また混浴浴場の旅館が多い。
様々な泉質の源泉があり、一部にモール臭とよばれる鉱物系のにおいのある湯もある。

泉質:重曹泉・食塩泉・鉄鋼泉
効能:リュウマチ・婦人病・胃腸病
  113 川渡温泉(かわたび)
鳴子温泉の入り口にあるのどかな湯治向きの閑静な温泉。
開湯1000年の歴史があり、昔から「かっけ(脚気)川渡、かさ鳴子」といわれる湯治の里で、古くからの宿が多い。
川渡温泉街マップ

泉質:単純硫化水素泉・重曹泉
効能:脚気・リュウマチ・胃腸病
  114 中山平温泉
鳴子温泉郷の西の入り口に12軒の宿がある。湯治宿が多いのが特徴である。
湯はアルカリ度が高くぬるぬるした感触でうなぎ湯の異名を持つ。
渓流沿いの新緑、もみじが美しい

泉質:単純硫化水素泉・単純酸性泉・硫黄泉
効能:神経痛・リュウマチ
  115 鬼首温泉郷(おにこうべ)
鳴子ダムの北側に、吹上温泉、神滝温泉、轟温泉、宮沢温泉など複数の一軒宿が存在している。鬼首の地名は、征夷大将軍坂上田村麻呂の東征の時のことに由来している。江戸時代には湯治場として栄え、江戸時代中期までは鳴子の地域で一番栄えた湯治場であったという。この付近一帯は地獄地帯が点在している。
荒湯地獄には野湯があり、吹上温泉は間欠泉があることで有名。
夏は乗馬やパラグライダー、冬はスキーなどが楽しめる

泉質:単純温泉
効能:神経痛                                             宮城県トップへ
                                                 ▲このページのトップへ
116
作並温泉
仙台市街地から車で30分、海抜330mの広瀬川源流付近にあり、古くから仙台の奥座敷として親しまれてきた。近辺は伝統こけしの産地であり、温泉街の入口では大きなこけしが迎えてくれる。


泉質:含食塩芒硝泉・ 単純温泉
効能:神経痛 ・ リュウマチ・ 胃腸病
117
秋保温泉
(あきう)
伊達家の浴館が置かれていた由緒ある温泉地。
「秋保・里センター」を中心に名取川にそって温泉街が広がっている。
かつては会社の社員旅行や宿泊を伴う大型忘年会などで賑わっていたが、リニューアルなどで個人客向け高級温泉宿も作られ様変わりしつつある。
奇岩の重なる磊々峡、日本三大瀑布のひとつ秋保大滝、二口峡谷などがあり、四季折々の風景を楽しむことができる。

泉質:弱塩泉 ・ ナトリウム・カルシウム−塩化物泉低張性中性高温泉
効能:胃腸病・神経痛・リュウマチ・婦人病

  秋保大滝
118
青根温泉
開湯450年。伊達政宗の御殿湯でもあった歴史のある温泉。
蔵王連峰の一つ、花房山の中腹600mに湧く高原温泉。
10軒の宿があり、歓楽的な雰囲気は一切ない。湯は透明度が高く、結膜炎やトラホームなどの眼病によく効くといわれる。
温泉街の裏山一帯は自然林の中に遊歩道があり、森林浴が楽しめる野鳥の森公園もある。
共同浴場「じゃっぽの湯」がオープン。足湯や、「湯と路(ゆとろ)」手形(1000円)もある。

泉質:弱アルカリ性単純温泉
効能: 眼病、腰痛、リウマチ、胃腸病

119
遠刈田温泉
(とおがった)
江戸時代始めに発見され、古くから保養温泉として利用されてきた。
足腰の病に効くと言われている。商店街の中に旅館、ホテル、ペンション等が点在し、「寿の湯」「センターの湯」2つの外湯もある。
蔵王連峰東の丘陵にあり、蔵王の山並みを一望することができ、五色岳の火口湖も近い。

泉質:硫酸塩泉
効能:慢性皮膚病、慢性消化器病、神経痛・リュウマチ

120
鎌先温泉
開湯600年。南蔵王の山すその静かな保養地である。
湯気が立ち上がるのを見つけた農夫が持っていた鎌の先で突いてみると、突然湯が吹き出したという言い伝えがある。
「傷の鎌先、目に小原」といわれ、切り傷に効果がある奥羽の薬湯としての評判が高い。湯は、鉄分を多く含む褐色「にごり湯」。
近くには「弥治郎こけし村」があり、また「水芭蕉の森」「どうだんの森」「白石城」の花めぐりも楽しい。

泉質:弱食塩泉
効能:外傷
弥治郎こけし村
水芭蕉の森
121
小原温泉
白石川上流、深い渓谷に3・4軒の宿がひっそり佇む小さな温泉で、源義経の家来が発見したといわれている。奥羽の薬湯として知られており「傷の鎌先、目に小原」といわれ、江戸時代は湯治場として栄えた。温泉の下流には「碧玉渓」と呼ばれる景勝地があり、「小原遊歩道」の散策も楽しみ。

泉質:単純温泉・硫黄泉
効能:眼病                                                宮城県トップへ
                                                 ▲このページのトップへ
碧玉渓
小原遊歩道の散策
                                          次のページへ → 1  2  3  4  5



スポンサードリンク


ぐるっと日本温泉めぐりTOP

日本人の温泉観と歴史

温泉のしくみ

温泉の泉質と効用

温泉の入浴方法と注意点
温泉情報TOP

北海道地方の温泉
東北地方の温泉
北陸地方の温泉
(福井・石川・富山)
関東地方の温泉
甲信越地方の温泉
(山梨・長野・新潟)
東海地方の温泉
(岐阜・愛知・静岡・伊豆)

近畿地方の温泉
中国地方の温泉
四国地方の温泉
九州・沖縄地方の温泉

森林浴の森百選TOP

北海道地方
東北地方
北陸地方
関東地方
甲信越地方
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄地方

水源の森百選
日本の祭りと行事

春の祭り
夏の祭り
秋の祭り
冬の祭り


女ひとり旅あれこれ
プロフィール

私の趣味のお部屋
・ミニチュア
・音楽と私
・我家のポメラニアン



夢のログハウス


リンクのページ


サイトマップ



青森県 秋田県 岩手県 宮城県 山形県 福島県
Copyright() All Rights Reservedぐるっとにっぽん温泉めぐり