東北地方温泉5 福島県

ぐるっとにっぽん温泉めぐり

東北地方の温泉5
(福島県)

TOPページ >> 温泉情報TOP  >> 東北地方の温泉1 >>   >>  >>  >> 5

地図の表示は
温泉情報TOPページで

東北地方の温泉 5
(151温泉)


青森県  秋田県  岩手県  山形県  宮城県  福島県
温泉地 ひとくちメモ 観光スポット&名産
福   島   県   の   温   泉
122
飯坂温泉
日本武尊が東征の際に発見したとされ、都にもその名が知られ、和歌の枕詞「さはこのゆ」にもなったという歴史のある温泉。宮城県の鳴子温泉、秋保温泉とともに奥州三名湯の一つ。福島県で一番大きい温泉地で、古くから歓楽街温泉として花柳界が存在した。駅前からの川沿いの道に、大型ホテルや旅館、飲み屋がたち並ぶ。共同浴場は9ヶ所あり、そのなかでも鯖湖湯は飯坂温泉発祥の湯とされ、松尾芭蕉も浸ったとされる。毎年10月には日本3大けんか祭リに数えられ300年以上続く伝統行事「飯坂けんか祭り」でにぎわう。鯖湖湯 医王寺 旧堀切邸 明治・大正ガラス美術館などの観光スポットあり。

泉質:単純温泉・含食塩芒硝泉
効能:胃腸病・リュウマチ・痔疾
・鯖湖湯
・医王寺
・旧堀切邸
・明治・大正ガラス美術館



    けんか祭り
123
高湯温泉
約400年前に発見され、その後湯治場として知られるようになり、奥州三高湯の一つとされた。硫黄成分濃度の高さで知られ、その温泉中の含有量は万座温泉、月岡温泉に次ぐ。交通アクセスもよいため紅葉シーズンは特に賑わう。湯は成分はかなり濃い目だが、肌当たりがやわらかい。磐梯吾妻スカイラインの料金所付近に約10軒の旅館がある。共同浴場はがある。

泉質:酸性・含硫黄(硫化水素型)−アルミニウム・カルシウム硫酸塩温泉(硫黄泉)
効能:痔疾・皮膚病・婦人病・高血圧・糖尿病

124
微温湯温泉
(ぬるゆ)
吾妻山山中の秘湯で開湯は約300年前。戊辰戦争の際に一軒宿「旅館二階堂」は焼失したが、その後1877年に再建され、現在も茅葺きの明治時代の建物が使われている。源泉温度が約32℃と低く、微かに温かい湯、から微温湯(ぬるゆ)となった。昔から眼病に効くことで有名。

泉質:酸性含鉄(II、III)アルミニウム硫酸塩泉源泉
効能:眼病、皮膚病、婦人病

125
土湯温泉
古くから湯治場として栄えてきた温泉で、開湯は神代の時代とも、聖徳太子の時代ともいわれる。地中から150℃前後の温泉蒸気と熱水が噴出している。このほかに独自源泉として特異な温泉が湧出する宿が数多くあるのが特色。土湯は、福島駅より約16km、近くには磐梯スカイラインがあり、四季を問わず観光拠点となって賑わう。温泉街は山深い荒川の源流沿いにあり、共同浴場のほか荒川大橋の傍には足湯「かじかの湯」もある。鳴子、遠刈田と並びこけしの三大生産地でもある。

泉質:単純温泉・含食塩芒硝泉
効能:胃腸病・リュウマチ・痔疾

126
野地温泉
周りをブナに囲まれ、南東には鬼面山が迫る一軒宿「野地温泉ホテル」の温泉。3つの露天風呂は白濁した湯で、3時間ごとに男湯女湯が入れ替わる。吾妻・安達太良の登山基地ともなっている。

泉質:単純硫化水素泉
効能:婦人病・胃腸病・神経痛





・吾妻・安達太良の登山
127
赤湯温泉
鬼面山の山麓にある一軒宿赤湯温泉「好山荘」の温泉。静かな湯治向きの宿で、内湯は赤い鉄泉。ブナ林に囲まれた宿の庭先にある露天風呂は白い硫黄泉。

泉質:炭酸鉄泉(内風呂)硫黄泉(露天風呂
効能:神経痛、リュウマチ、婦人病                                福島県トップへ
128
鷲倉温泉
(わしくら)
標高1,230メートルにある高原の一軒宿「鷲倉温泉」。安達太良山への登山口になっている。薬湯は古くから胃腸、神経痛の名湯として親しまれている。

泉質:酸性緑礬泉、弱硫黄泉
効能:神経痛、胃腸病、糖尿病、婦人病、慢性湿疹、切傷、慢性関節リウマチ、筋肉リウマチ、
    婦人科疾患、貧血、眼病等

129
幕川温泉
磐梯吾妻スカイラインの土湯峠から北にのびる林道沿いにある温泉。旅館は2軒あり、どちらも創業約100年という。

泉質:単純温泉、硫黄泉
効能:皮膚病、胃腸病、神経痛、切り傷
130
岳温泉
だけ)
坂上田村麻呂による発見と言われる。源泉は安達太良山直下にあるくろがね小屋近辺にある。江戸時代中期までは源泉地付近に温泉街があり賑わっていたが、土石流によって温泉街が埋まり、少し離れた場所に移転している。しかし、戊辰戦争の際に、官軍の拠点になることを恐れた二本松藩によって温泉街は焼き払われたという。その後も度重なる災害に見舞われるもその都度場所を変え再建し、現在に至っている。安達太良山の広い斜面の阿武隈川を見下ろせる位置に大型の旅館から旅館、ペンションが立ち並ぶ。湯は酸性泉だが柔らかい。湯めぐり手形あり。ハイキング、紅葉狩り、スキーなど通年楽しめる。
泉質:酸性緑ばん泉
効能:胃腸病 慢性皮膚病、切り傷、火傷、神経痛 美肌効果
131
磐梯熱海温泉
開湯は800年前であるといわれ、月岡温泉、いわき湯本温泉とともに「磐越三美人湯」に数えられている。温泉街は磐梯熱海駅のすぐ近くと、昔ながらの宿が多い古くからの五百川沿いと二つに分かれている。交通の便がよく、大型ホテル、小さな旅館、離れのある高級旅館など宿のタイプもさまざまで、女性に人気の温泉地。

泉質:単純硫化水素泉 単純泉
効能:神経疾患 きりきず、やけど 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

会津若松観光

猪苗代観光


沼尻スキー場

桧原湖

・五色沼めぐり

・雄国沼観光

132
沼尻温泉
江戸時代に開湯。元々は上流の源泉に近い場所に宿があったが、1900年の安達太良山大噴火、その後の硫黄鉱山の開発により、パイプで下流に温泉を引き現在の温泉宿が形成されるようになったという。温泉宿やロッジが点在する程度の小さな温泉街である。源泉地帯では、温泉水が滝(白糸の滝)となって流下している光景を見ることができる。火山性の強酸性の湯で飲用すると胃腸病に効果があるといわれる。沼尻スキー場が目の前で、スキーと紅葉のシーズンは賑わう。

泉質:硫黄泉
効能:胃リュウマチ・胃腸病 神経痛、皮膚病等                         福島県トップへ
133
中ノ沢温泉
安達太良山西麓、磐梯山との間にある静かな温泉街。胃腸病の湯治場として、昔から利用されている。湯は沼尻温泉からの引き湯である。

泉質:硫黄泉
効能:リュウマチ・胃腸病 神経痛、皮膚病等
134
大塩裏磐梯温泉
開湯は1000年前とされ、江戸時代はこの温泉から塩が採られ、会津藩の御用塩であった。湯治場として整備されたのは明治に入ってから。塩分が濃いので体がよく温まる。磐梯山の北西側、国道459号および大塩川沿いに5軒の旅館が点在する。共同浴場はない。桧原湖や五色沼めぐり、雄国沼観光の拠点として最適。雄国沼は猫魔ケ岳の火口跡にできた湿原で、水芭蕉、レンゲツツジ、ニッコウキスゲなど高山植物が咲き乱れる裏磐梯の名所。

泉質:塩化物泉
効能:神経痛・胃腸病、婦人病、リウマチ、胃腸病、皮膚病、ヘルニアなど
135
日中温泉
開湯は1813年(文化10年)と歴史ある温泉。日中ダムの建設で温泉はダムに沈んだが、現在の源泉は1993年(平成5年)に新源泉を掘り当てたものである。日中ダムのたもとに一軒宿の「日中温泉ゆもとや」がある。源泉温度が約40℃と低いため、掛け流しの源泉浴槽 と別に、ぬる湯から上がる際に体を温めるための加熱された浴槽がある。ダムサイトの前には、足湯がある。

泉質:塩化物泉
効能:火傷・切り傷・皮膚病・虚弱児童・慢性消化器病・便秘・慢性婦人病など

136
熱塩温泉
開湯は600年前、湯が熱く塩分が強いところから名前がついたと言われる。よく温まることから、子宝の湯としても知られる。共同浴場、足湯は一軒ずつある。

泉質:塩化物泉
効能:婦人病・胃腸病                                         福島県トップへ

137
大塩温泉
開湯伝説によれば、弘法大師の発見とされる。1955年に本名ダム建設により、温泉街は水没し、現在地に移転した。更に1967年には、近隣で行われた鉱山開発により湯温が低下し、 以来入浴用に加温を行うようになっている。塩分の非常に強い泉質の温泉であるが、炭酸成分が日本でも有数の多さであるのも特徴である。源泉は青みがかった白濁の湯。旅館は只見川と国道252号の間に2軒ある。共同浴場は、200円以上をカンパとして箱にいれるようになっている。温泉地の近くには、炭酸水を汲むことができる井戸があり、この炭酸水はかつて輸出もされていたという。

泉質:含二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
効能:リウマチ・神経痛・胃腸病・切傷・火傷・慢性皮膚病

138
西山温泉
古くは湯治場として栄えた温泉で、昔ながらの湯治場の情景がそのまま残っている秘湯。 この地にある8つの源泉に順番に入浴すると、万病に効くと言われた事から「神の湯」とも呼ばれていたという。湯は、呼吸器系に対する効能が強いことから、「たん切りの湯」と呼ばれている。温泉街にはそれぞれ異なる源泉を持つ6軒の旅館がある。温泉街から少し離れた場所に日帰り入浴施設町営の「せいざん荘」がある。

泉質:塩化物泉 含塩硫化水素泉
効能:ぜんそく・リュウマチ

・磐梯山周辺の観光


磐梯噴火記念館

磐梯町観光案内


会津若松観光

猪苗代観光
139
東山温泉
会津若松市の中心地から車でわずか10分程度のアクセス
約1300年前に行基により発見されたといわれ、江戸時代には天寧温泉と呼ばれ会津藩の湯治場として栄えた。また、山形の上山温泉、湯野浜温泉とともに奥羽三楽郷に数えられた。民謡「会津磐梯山」に登場する「小原庄助さん」ゆかりの温泉とも言われている。古くからの旅館や大型ホテル群が温泉街の町並みを形成している。毎年八月には、お湯かけまつりや東山温泉盆踊りが行われ、観光客で賑わう。

泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉
効能:リュウマチ・神経痛・やけど・皮膚病                             福島県トップへ
140
芦ノ牧温泉
開湯は1200年前とされ、古くから湯治場として近隣の人々が利用していたが、明治に なって温泉地に道路が開通すると広く知られるようになった。阿賀川を見下ろす渓流の美しい高台に温泉街が広がる。宿は14軒、ほとんどの宿では外来入浴が でき、足湯も温泉街の中ほどにある。近辺は釣りのスポットでもあり、夏のアユ料理が名物

泉質:含石膏食塩線・単純温泉
効能:動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病 糖尿病・肥満

141
湯野上温泉
明治時代の中期の開湯である。阿賀野川上流の景勝地、大川ラインの中央部にあたり、四季 折々の渓谷美を楽しめる閑静な温泉郷。大川の渓谷沿いに18軒の旅館、民宿が点在し、温泉街には足湯も存在する。湯巡り手形(こけし)あり。また、露天風 呂も多くあり、なかには湯船だけの河原の露天風呂もある。中山風穴地特殊植物群落は国の天然記念物に指定されており、珍しい植物を見ながらのハイキングが楽しめる。

泉質:アルカリ性単純温泉
効能:胃腸病、神経痛、筋肉痛、関節痛、皮膚病、リューマチ、五十肩、運動麻痺、慢性消化器病、痔病、疲労回復
142
岩瀬湯本温泉
今から約1200年前、病に倒れた嵯峨天皇を助ける為、祈祷師のお告げのあった“陸奥の 国 岩瀬の郡の西、二岐山の麓の鶴沼川のあたりに出ているお湯の湯あか”を求めて、家来の3人がこの湯本の地を訪れ、持ち帰ったという。たちまち病は治 り、それに感謝した天皇は、弘法大師自ら彫った像のひとつを奉った温泉八幡宮をこの地に建て、温泉を守るため3人の家来をここに住まわせたのが始まりとさ れる。昔ながらの湯治場で、共同浴場を取り囲むように茅葺き屋根の温泉旅館が数軒ある
ひのき風呂の宿 分家 と 源泉亭湯口屋 は江戸末期に建てられた茅葺き屋根の温泉旅館だ。柱も黒光りしていて、歴史を感じさせる。囲炉裏を囲んで山菜、きのこ、川魚など旬の味が楽しめる。

泉質:ナトリウム・カルシウム−塩化物泉
効能:切り傷・火傷・糖尿病・神経痛                                福島県トップへ
143
二岐温泉
二岐山の山麓、二岐川の渓谷沿いにある温泉。平安時代にはすでに温泉が湧いていたといわれ、平家の落人の伝説も残る。ブナの原生林に囲まれた秘境に7軒の宿がある。

泉質:硫酸塩泉
効能:動脈硬化症、切り傷、やけど、慢性皮膚病 神経痛、筋肉痛
144
甲子温泉
(かし)
1384年に発見され、それが甲子年であったことから温泉の名前になった。江戸時代になってから、元会津藩の浪人によって温泉宿が開かれ、松平定信もこの湯を好み、この地に別荘を築いたという。一軒宿の「大黒屋」には、百五十年の歴史を持つ大浴場「大岩風呂」がある。館内から108段の階段を下り、阿武隈川の渓谷を渡ったところに湯小屋があり、浴槽の深さ1.2m、立って入浴する珍しい温泉だ。11月下旬〜4月上旬まで休業。
1961年には、この地から温泉を引湯して、新甲子温泉ができた。

泉質:単純温泉(カルシウムを多く含む)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
飲用:胃腸病、慢性便秘、肝臓病
・甲子高原付近の観光




    白河高原牧場
145
新甲子温泉
甲子温泉から引き湯して作られた、阿武隈川沿いの温泉地。国道289号沿いに旅館、ホテルが8軒点在する。温泉街周辺には遊歩道が完備されている。また、宿泊施設を備えた遊園地「キョロロン村」もあり、日帰り入浴施設もできる。

泉質:アルカリ性単純温泉 炭酸カルシウム石膏泉 硫酸塩泉
効能:リュウマチ・神経痛・皮膚病
146
湯ノ花温泉
開湯は700年前とされ、湯ノ岐川沿いに約20軒の旅館が点在し、4軒共同浴場がある。 近くには 「しらかば公園」 があり、テニス多目的グラウンド、キャンプ場、バーベキューハウスなどが点在し、1周5kmの遊歩道や水生植物園、イワナの 釣り堀などもあり、園内を流れる湯ノ岐川では川遊びも楽しめる。

泉質:弱食塩泉
効能:リュウマチ・神経痛・運動機能障害                             福島県トップへ
南会津町観光
     しらかば公園
147
木賊温泉
(とくさ)
約1000年前に発見された西根川の谷にある秘湯中の秘湯。“会津の隠れ湯”だったとも伝えられている。16軒余りの旅館・民宿が散在している。西根川の川床から湧き出る露天岩風呂が有名である。他にも共同浴場が「広瀬の湯」がある。

泉質:単純温泉・単純硫黄泉
効能:リウマチ・神経症・運動器障害

148
檜枝岐温泉
(ひのえまた)
瀬の裏玄関にあたり、伊南川沿いに40軒の宿がある。湯量が多く旅館や民宿だけでなく、一般家庭にも温泉がひかれている。共同浴場のほか、総合温泉スポーツ施設「アルザ尾瀬の郷」があり、木立に囲まれた大露天風呂、打たせ湯、寝湯、泡風呂などが楽しめる。 尾瀬の湿原が近く、ミズバショウの季節には相当賑わう。260年の歴史を持つ檜枝岐歌舞伎、ミニ尾瀬公園などの見どころや、「裁ちそば」や「ばんでい」などの郷土料理がおすすめ。

泉質:単純アルカリ温泉
効能:リュウマチ


桧枝岐温泉の観光


   ばんでい
149
渋沢温泉
小沢平の駐車場から只見川沿いに歩いて約1時間の新潟、群馬の県境近くの燧ヶ岳の西北麓にある温泉。一軒宿の「澁沢温泉小屋」は、乳白色に沢が染まっている渋沢を見下ろす場所に建っており素晴らしい渓谷美が眺められ、大自然を満喫できる。冬季は休業する。

泉質:含食塩重曹泉
効能:切傷、火傷、皮膚病、胃腸障害
150
岩井戸温泉
江戸時代には既に「相馬の湯」と呼ばれて湯治場として利用されてきたという名湯。阿武隈山地の東麓、にある静かな温泉で歓楽的要素は全く無い。相馬からの保養、療養客が多いという。3軒の宿がある。

泉質:単純炭酸鉄泉

151
いわき湯本温泉
開湯は古く、奈良時代であるとされる。古くからその効能が知られ、江戸時代には陸前浜街 道の宿場としても栄え湯治客で賑わったという。明治時代に入って石炭採掘により泉脈が壊されてしまい、温泉が復活したのは昭和17年である。現在はかつて の常磐炭田の抗底をボーリングをして温泉を汲み上げている。温泉街は駅前から山側に広がっている。共同浴場は3軒ある。温泉街の西側には巨大温泉リゾート 施設「スパリゾート・ハワイアンズ」

泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
効能:皮膚病・切り傷・婦人病・高血圧症・動脈硬化症                   このページのトップへ

                                                1  2  3  4  5  ←戻る



スポンサードリンク


ぐるっと日本温泉めぐりTOP

日本人の温泉観と歴史

温泉のしくみ

温泉の泉質と効用

温泉の入浴方法と注意点
温泉情報TOP

北海道地方の温泉
東北地方の温泉
北陸地方の温泉
(福井・石川・富山)
関東地方の温泉
甲信越地方の温泉
(山梨・長野・新潟)
東海地方の温泉
(岐阜・愛知・静岡・伊豆)

近畿地方の温泉
中国地方の温泉
四国地方の温泉
九州・沖縄地方の温泉

森林浴の森百選TOP

北海道地方
東北地方
北陸地方
関東地方
甲信越地方
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄地方

水源の森百選
日本の祭りと行事

春の祭り
夏の祭り
秋の祭り
冬の祭り


女ひとり旅あれこれ
プロフィール

私の趣味のお部屋
・ミニチュア
・音楽と私
・我家のポメラニアン



夢のログハウス


リンクのページ


サイトマップ



青森県 秋田県 岩手県 宮城県 山形県 福島県
Copyright() All Rights Reservedぐるっとにっぽん温泉めぐり